2005年10月24日

分かりにくかったかもしれない?

excite - 毎日 [2005年10月24日] <ホワイトバンド>趣旨説明不足で購入者から批判 世界的な貧困根絶キャンペーンに合わせて国内で300万個販売された腕輪「ホワイトバンド」に対し、購入者から批判が出ている。「売り上げの一部は貧困をなくすための活動資金となる」との触れ込みだったが、食料などを送るわけではなく、細かな使途も決まっていないため。事務局は「ホワイトバンドは『貧困をなくす政策をみんなで選択する』意思表示が狙い。分かりにくかったかもしれない」と説明し、店頭で、募金活動ではないことを強調する表示を始めた。


とのこと…
元々のホワイトバンドには何も問題はないという話。

ホワイトバンド運動はアフリカの市民活動家らが、包帯や布などの「白いもの」を着けて貧困撲滅を自国政府や先進国に訴えたのが始まりとされる。今年7月に開かれたグレンイーグルズ・サミットへ向け、「ほっとけない 世界のまずしさ」をキャッチフレーズに、70カ国の市民団体が運動を展開し世界に広まった。

日本のホワイトバンドに不審な点があるのは
2chをはじめとして、以前から言われていたが

先月からインターネット上で、途上国を直接支援しないことへの批判が出始めた。事務局にも「途上国に募金が送られないと知っていたら買わなかった」「利益の使途を詳しく知りたい」などの批判や問い合わせが約500件も寄せられている。8月に購入した千葉県柏市の女子大生(22)は「募金にならないなんて知らなかった」と話す。

9月に大きく採りあげられるようになるまで、
ホワイトバンドの購入代金の使途が
購入した人の意志を反映したものでない可能性があった事は、
実際にこの腕輪を付けていた人たちには
伝わっていなかった事がよくわかる。

このため事務局は、店頭に「途上国へ食料や物を届ける運動ではありません」と書いた黄色いステッカーの掲示を順次進めている。ホームページも同様の説明を強調するよう変更した。

確かに現在はこんな風に紹介している。

その問題の具体的なハナシは、
ホワイトバンドの問題点を参照されたい。
騒がれなかったらどうするつもりだったのだろうか?
以下、引用です



ホワイトバンドの問題点

ピンからキリまで見事に揃った社会悪のグランドスラム。
募金詐欺の可能性


募金に見える、
意図的にそういった印象を持たせているが募金ではない
ホワイトバンドの価格が他国の同活動の3倍と
異常に高い(Tシャツも同様)
バンドの売上使途を曖昧にし錯誤するよう誘導している

社会的信用に欠ける主催者

NGOと無関係の「PR企業サニーサイドアップ」が
(広報・製造・流通)の全般に渡り陣頭指揮を取り、
金の流れをコントロールしているため信頼性が疑われる(参考)
会計報告すらない“慈善”団体が共催に含まれている。
ホワイトバンド価格の構成が不自然で信頼性に欠け、
そのデータを示す団体の信頼性も疑われる
活動団体がいわゆる「左翼」の中国・北朝鮮ロビイストで
日本の国益に沿うと思われない

説明の無い政治活動への誘導

アイテムの所持が国策変更への賛同を表すという
責任を説明できていない
政策提案とその支持収集が本来の目的だが貧困の様子を
前面に出して説明になっていない
既存政策、代替案の存在を示さず支持すべき政策に
選択検討の余地を持たせていない

提案する政策の妥当性の低さ

提案している政策の根拠が無かったり間違っていたりする
ここ数十年の国際的なアフリカ支援が台無しになる
失敗の可能性について検討されていない

日本の国益を阻害する可能性

全面債務放棄はアフリカ連合の意思を分裂させ、
日本の対国連協働を妨害する提言政策は暗黙に貧困国とされる
敵性国家北朝鮮への支援に繋がる(画像:日テレ
)



「イラクも北朝鮮もカンボジアも」

みんな大変なんですよね。


posted by garni at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。