2005年11月15日

TRICK新作スペシャル

観ましたが、まあ相変わらずのTRICKでした。

今回のスペシャルの平均視聴率は24.7%でした。

ちなみに、過去の平均視聴率ですが

第1シリーズ('00年7月8日〜9月15日、
毎週金曜23時放送)は平均8.2%

第2シリーズ('02年1月11日〜3月22日、
毎週金曜23時放送)は平均10.6%

第3シリーズ('03年10月16日〜12月18日、
毎週木曜21時放送)は平均15.6%

でした。
特に、第2シリーズの10%超えは深夜枠としては驚異的。
ただ、ゴールデンタイムになってから
若干下ネタ率が低下したのが残念でした(?)。

「うらーないでおもーてなし…」

いつもの調子で脱力ギャグ全開だったわけですが、
何故か一番ツボに入ったのが

「いたーだきーまんーもす!」

だったという…
まったく脈絡のないネタにはいつも頭が下がる(?)思いだ。

細かくネタを挙げるとキリがないが、
個人的に印象的だったのは、
第3シリーズに続き再び上田次郎が

「お前はもう死んでいる!

と発言していたことだ。

あれは…
やはり劇場版北斗を意識してのものだろう。

今回初登場の矢部の部下・秋葉原人だが、
かなり印象が良い。
前原一輝の抜けた後だったこともあるが、
東大はあまりに悪いイメージしかない。
矢部の「歯ぁ食いしばれ!」の後の鉄拳制裁は、
TRICKファンからすれば拍手ものだったのは容易に想像がつく。
…安斎肇氏を連想させるルックスも(・∀・)イイ!!

主題歌を歌うのはJoelleという新人で、
一応来年ユニバーサルからデビュー、
ということになっているようだ。
ユニバ……鬼束もいたことがあったな。
「ラッキーマリア」どんな曲かと不安だったが、
実際エンディングに使われているのを観て
「月光」のダークな色合いが既に過去のモノ…
と実感してしまった。
…複雑です(´・ω・`)

次回はまたまた劇場版。
…おそらく、
映画ならではという演出は前回同様
あまり期待出来なそうというか、
TRICKって基本的に、
「気味悪がらせた後にいかにしてズッコケさせるか」
ということに集中して欲しい作品だから
脱力してナンボという感じ

仲間由紀恵も阿部寛も、何より堤監督自身も、
まさかこんな息の長い作品になるとは
思ってもいなかったかも知れない。
偉大なるマンネリドラマ、TRICKに乾杯!


【関連記事1】絶対死なない
【関連記事2】謎はとべてすけた…!
【関連記事3】さらばファンファン大佐

【PR】TRICK―劇場版2
【PR】TRICK 劇場版
#いずれも書籍版


posted by garni at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。