2005年12月17日

惜別

こちらフジテレビ 金曜エンタテイメント追悼特別企画『天使になった歌姫 本田美奈子.』〜夢と闘いの38年〜 今年1月に緊急入院が報じられ、およそ10ヵ月後に短すぎるその生涯を閉じた、歌手・本田美奈子.。このほど、本田美奈子.が、闘病中に日々のできごとや思いを語った肉声テープが存在することが明らかになった。その総録音時間はおよそ5時間にも及び、そこには、病室の中、アカペラで歌い上げる『アメイジング・グレイス』も含まれているという。


先ほど、観た…やはり、淋しさがぶり返してしまった。
ボイスレコーダーに吹き込まれた歌声を聴いて、
歌を本当に心から愛した人だったんだなと、改めて感じた。

帰ってきてほしかった。
こんなことを書いても虚しいけれど、
それでもそう思わずにはいられない。

"私は太陽が大好きです
太陽みたいになりたいなあって思っているくらいなんです"

病気と戦う彼女の姿は、スターとしてではなく、
一人の人間として輝いていたに違いない。
お母さんをはじめ、常に自分より人を気遣うたくさんの言葉、
元気な表情、その合間に時折みせる、
病気への不安な気持ちが切なかった。

最後に妹さんに言ったひとこと…そこに流れていた空気を思う。

"やっと、ふたりきりになれたね…"


今再び「アメイジング・グレイス」を聴く。
彼女がずっと眺めてきた欅の木を思い浮かべながら…


【関連記事1】天使になった歌姫
【関連記事2】題名のない音楽会21
【関連記事3】いのちをあげよう
【関連記事4】風に乗り、虹を渡る
【関連記事5】本田美奈子、逝く


posted by garni at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Japanese Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。