2006年01月02日

三谷まつり

新選組!! 土方歳三 最期の一日

「待たせたな」―。
ご要望にお応えして、山本土方見参!
三谷幸喜が描く、男たちのドラマの総決算
新政府軍と戦いつづけた男の最後の思いとは?!

佐幕に生き佐幕に殉じた“最後の武士”、土方歳三。
しかし土方は、
巷間言われているような時代に取り残された旧体制の男ではなく、
戊辰戦争のプロセスで銃と大砲を主力とする近代戦法を吸収した、
フランスの軍人も賞賛する天性の軍人だった。
土方歳三が最期に箱館の大地に見た夢は何だったのか?
「最期の一日」に焦点を絞って、
激動の時代に尽忠報国を貫いた土方の思いを、
熱くダイナミックに描く。



ここで「新選組!」のことを書くのは2度目ですな。
ハイビジョンでは昨日放送されてしまったが、
総合の方は明日…
古畑の第1夜と被ってる(;´Д`)

さて、そんな古畑任三郎の方はというと

田村正和扮する警部補・古畑任三郎が、
知能犯の犯罪をその鋭い洞察力であぶり出し、犯人を追い詰める、
という三谷幸喜脚本による大ヒットドラマ「古畑任三郎」。
このドラマは、1994 年 4 月に第 1 シリーズが放送されて以来、
3 シリーズが放送されたほか、
スペシャルドラマとして 5 本が制作され、
いずれも好評を博しました。

そんな「古畑任三郎」シリーズが、
2006年のお正月――1 月 3 日、4 日、5 日の
3 夜連続スペシャルで遂にファイナルを迎えます。
ゲストとしてお迎えするのは、
第 1 夜が石坂浩二さんと藤原竜也さん、
第 2 夜がイチロー選手、第 3 夜が松嶋菜々子さん、
という超強力な顔ぶれ。
そんなゲスト陣に合わせて、
いままでのシリーズとはひと味違う三谷脚本の斬新なトリックと、
台詞の妙が冴え渡る最後の 3 本に、どうぞご期待下さい!


といった感じで期待も膨らむ。

THE 有頂天ホテルもそうだけど、
本当、祭だなーなんて思います。


posted by garni at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画/ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。