2006年01月03日

テクノデリック

photo
テクノデリック
YMO
Sony Music Direct 2003-01-22
曲名リスト
  1. ピュア・ジャム~ジャム
  2. NEUE TANZ~新舞踊
  3. ステアーズ~階段
  4. SEOUL MUSIC~京城音楽
  5. ライト・イン・ダークネス~灯
  6. TAISO~体操
  7. グラデイテッド・グレイ~灰色(グレイ)の段階
  8. KEY~手掛かり
  9. プロローグ~前奏
  10. エピローグ~後奏

by G-Tools , 2006/10/28


『テクノデリック』は
イエロー・マジック・オーケストラ (YMO)の'81年の作品

「Pure Jam」のイントロで高橋幸宏氏の声が
グルングルンループするところから、
「Epilogue」のモワ〜ンとした終わり方まで…
未だに捉えどころがないんだけど、
どの曲も恐ろしいくらい硬質な音楽だと思います。

「機械的」ではあるのですが、
それまでのSFチックな意味でのそれというよりは
『BGM』をもっと観念的にしたような音、という感じ

この時期になると、その音楽性は
「テクノポップ」という言葉からイメージするよりも
むしろ「ニューウェーブ」として聴いた方が
しっくり来るようになってきていて
既に「テクノポリス」「ライディーン」の影は微塵もない。

それにしても強烈な言葉のインパクト…
カラフルなシンセサウンドは後退し、
代わりにこれでもかと繰り出されるサンプリング音が生み出す
暗く、システマチックな音世界…気のせいか、
この作品においては細野氏の影は薄く思え、
後の二人の存在感がより表に出ている気がする

─ソレジャムデショ、ドウゾ

─ブルマ トレパン トレシャツ ハチマキ

technodelic.jpg

強いてあげるなら、「灯」や
「プロローグ〜エピローグ」辺りが好きかな…でも難しい
どれもいいのです。お聴きになりますか?


【参考】db:YMO

【PR】B-2 UNIT 過激でロマンチック、まさに教授の味。


タグ:YMO ROCK
posted by garni at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Punk/New Wave | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。