2009年06月14日

三沢光晴が…死んだ…。

<プロレスラー>三沢光晴さん死亡 試合中倒れる
 13日午後8時半ごろ、広島市中区基町の広島県立総合体育館であったプロレスリング・ノア広島大会で、試合中にノア社長でプロレスラーの三沢光晴さん(46)が倒れ、心肺停止状態で広島大学病院に救急搬送された。広島県警広島中央署によると、同10時10分に死亡が確認された。同署は主催団体や対戦相手などから事情を聴いている。
 大会関係者や観客によると、三沢さんはこの日タッグマッチに出場。相手のバックドロップを受けて頭を強く打ち、動けなくなった。レフェリーが三沢さんに「動けるか」と聞いたが、三沢さんは「動けない」と答えた。試合はそのまま中断。医師だという観客の男性がAED(自動体外式除細動器)で蘇生を試みたという。当時、約2300人の観客がいた。

そんな……今この瞬間、目にしている文章が信じられません。
それでも何か伝えねばという気持ちで書いていますが

三沢さんほどのレスラーでも、
バックドロップの受け身に失敗するなんてことがあるのか…?

一体何で…タイガーマスクだった男だぞ…?

書こうとして手は動かしていても、
何をどう表現したらいいんだ…言葉が出てこない

少し落ち着いたら続きを書こうと思います

※ ※ ※

土曜はワールドプロレスリング、そして日曜は全日本プロレス。
福澤が「プププ、プロレスニュ〜〜ス」なんて言っていた頃。
いつも通りラッシャー木村のMCで和んだ後に、三沢が登場した。

どうしても、90年代初頭の記憶ばかりが頭に浮かんできます。
風呂に入って少し冷えた頭で取り出したCDは、
「ザ・プロレスリング 全日本プロレス・新日本プロレス最新版」

1曲目はジャンボ鶴田の「J」…2曲目が「スパルタンX」。
馬場さんも、この二人もいなくなってしまったのか。
何だか現実感がない…ここ10年くらいの全日本〜ノアの出来事が、
一時的にすっぽり抜け落ちたような感覚です。


勇壮で疾走感のあるメロディに呼び起こされるようにして、
ドッタン、ドッタンというリズムと、
「みっさっわ!みっさっわ!」のコールが頭の中で重なった。

「ショッポオラ!」のかけ声でガンガン繰り出されるエルボーが、
フィニッシュのタイガードライバーが脳裏に鮮やかに甦る…。

フェードアウトが切なくて、終わればまた初めから聴き返す。
中学時代、テスト勉強の時にこの曲をBGMにしてたのを思い出した。

まだにわかに信じられないけど、ご冥福をお祈りします。
でも、早すぎるよ。
posted by garni at 00:27 | Comment(2) | TrackBack(1) | スポーツ/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
ほんとに早すぎる死ですよね。
まだやりたいことがあったんでしょうね。
ノア選手、プロレス界がその意志を引き継いでくれる事を望みたいですね。
Posted by ともくん at 2009年06月15日 09:11
>>ともくんさん
コメントありがとうございます。
そうですね。体の方はもう限界だったにも関わらず、
強い責任感でずっとリングに上がり続けていたんだと思いました。
三沢さんの死を無駄にすることなく、これから先、
選手のコンディションに配慮したシステムができることを心から願います。
Posted by garni at 2009年06月15日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

プロレスリングノア 三沢光晴社長 リングで眠る
Excerpt: 突然の訃報で驚いていますが、 昨日の試合中、あるプロレス技を受け、 そのまま、帰らぬ人になってしまいました。 全日時代から好きなレスラーでしたが、まさかこんな事
Weblog: くすりぶくろのなかみ
Tracked: 2009-06-14 02:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。