2009年07月30日

気になるサイトあれこれ (4)

最近、はまっているゲーム。

立体ピクロス

HAL研究所、良い仕事してるなぁ〜、、面白いです。
何となく、ちょっとした彫刻を作ってるような感覚ですね。
「0」のブロックを正面から、ズガガガーッと一気に壊すと気持ちが良い。

そして…相変わらず、DQIXの話題。
ひろゆきがまさゆきの地図に関心を持っているらしい。

【ニンテンドーDS】300万人のドラクエファンが欲しがる幻のアイテム『まさゆきの地図』
全国で300万本販売という大ヒット中の『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』(以下、ドラクエIX)に、ドラクエユーザーなら誰しも欲しがる幻のアイテムの噂が飛び交っています。その名も『まさゆきの地図』。今回の『ドラクエIX』は『たからの地図』をもらって、ダンジョンを探索するという寄り道があるのですが、一説にはダンジョンの種類は1677万通りだそうです。
こちらはというと、残すは宝の地図集めとクエスト消化だけではあるが、
配信(厳密にはデータのロック解除)されるクエストの中にも、
本編の続きのようなストーリーがあるので馬鹿にできなかったりする。
それらは区別できるよう、戦歴画面のクエスト一覧において、
クエスト名の脇に【ストーリー】というラベルのようなものが付いている。
ちょうど先週24日の解禁クエストの一つがリッカ絡みで、
何やら凝った話だったので確認してみたら【ストーリー】付きでした。
ただ、あらすじ画面は箱船入手イベントで止まったままですが。

次回作はWiiで出す、との話ですが、こうしてやってて改めて考えてみると、
システム面についてはネットワークを意識した方向でもっとしっかり作ってくれれば、
遊ぶ側に受け入れられるものはちゃんとあるような気がした。
アバター要素などは据え置き機の方が見映えがするだろうし、
Xが出る頃には携帯機との連携なんてことも実現してるかもしれない…。

宝の地図の方はといえば、バラモス相手には主人公にマホカンタ+におうだちさせて、
バラモス十八番のメラゾーマとイオナズンの大歓迎状態にし、
僧侶〜賢者のモッチーはHPを余裕で上回るMPでがんがん回復呪文を使い、
魔法使い〜魔法戦士のプリッチはひたすらピオリムかファイアフォース。
攻撃は二番手のアカメー(ツメ装備のレンジャー)に一任…そして撃破したのだが、
倒したバラモスは何だか経験値を欲しそうに見ているというので…恵んでやると、
レベルアップのファンファーレが流れる。これがえらく情けない。
「はらわたを食らいつくしてやるわ!」の威勢はどこへ行った。。

そういえば、パラディン最後のクエストを極めたらズーボーが去ってしまい、
なんだか寂しくなったが、実はパラディンのクエストを受ける時以外は空気だった。
対照的に、女レンジャーの脇にいる子どもはVIIのガボみたいで記憶に残る。
職業関連のクエストを発注するキャラの一部が3Dになっているのが少し気になってます。

本編。世界樹に姿を変える女神セレシアとか、
人間を滅ぼそうとするグランゼニスのあたりはもろに神話的。
カラバド集落で布教活動する神父の様子とか、
天使の長が「このような時になぜ神は何もしてくださらぬのか」と嘆くくだりに、
思わず遠藤周作「沈黙」のワンシーンを重ねてしまった。
石の町や、マウリヤのエピソードはエンディングも含めて素晴らしい。
道中に待つ、街〜ダンジョン〜ボスの繰り返しのしつこさは正直だれたが、
IV以降の作品に用意されているこうしたシリアスなプロットは結構好きで、
これらはやはり大人のプレーヤー向けに持ち込んだ部分もあるのかなと感じた。

音楽。IXは正直あまり印象に残るBGMがない…が、ヘッドホンをしてプレイしてみると、
思っていたよりずっと複雑なアンサンブルの曲が多いことに気がついた。
メインテーマを悲劇的にしたような天使界の音楽や、
IIを思い起こさせるポップス調のサンディの曲などは割と耳に残る。

今思い出したが、VIの出た頃に山下達郎がファミ通のインタビューで、
「ドラクエを遊ぶ時、音は消してる」というようなことを話していた。
すぎやまこういちの音楽のどこが気に入らないのか?
実際にミュートしてプレイしてるのでなくても、妙なプライドだな…と、
やっぱり思ってしまう…松下進がジャケットを描き、
ファミ通の表紙でもパロディにしてた『トレジャーズ』は今も時々聴いているけれど。
どちらも好きなだけに、なお複雑な気分になったことまで記憶に甦ってきた。

ちなみに、今回のドラクエの通常戦闘のBGM、
始まりのとこが火曜サスペンス劇場っぽいなと思ったらそうとしか聞こえなくなり、
敵にぶつかった時にそれを思い出すと、どうも吹き出しそうに。。

余談ですが、やっていて一番鬱陶しい敵は今のところクラウンヘッドです。
とにかくVIIの神様のステテコダンス並みに、
「ヘンなかお」という技で笑わされ続け身動きがとれない。
しかし、確かに旅芸人の野球拳みたいな「ボケ」の動きよりかインパクトあるなあ。
posted by garni at 02:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のエッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ドラゴンクエスト\
Excerpt: ドラゴンクエスト\の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ドラゴンクエスト\」へ!
Weblog: ドラゴンクエスト\
Tracked: 2009-08-09 11:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。