2010年01月27日

ScribeFireでSeesaa Blogの記事を書いてみる

ScribeFire Blog Editor :: Add-ons for Firefox

毎度毎度、ブログで記事を更新する際に気掛かりなのは、
後で気がついて手直しをしたいのに記事の投稿ページが重かったり、
せっかく書いた長文が、投稿エラーでおじゃんになったりする点。

テキストエディタで編集を済ませてから投稿するという手もあるものの、
HTMLタグを詰め込んでたりすると結構煩雑になったりして、
見落としもあったりする…そして、修正しようとして再び上の問題に。

これでは一つの記事を書くにも億劫になって、更新も滞りがち…というのは、
言い訳ではありますが、どうせなら記事を書く以外の事に煩わされたくない。
というわけで、Firefoxのアドオン「ScribeFire」を使うことに。
実際、この記事もScribeFireを使って書いてたりします。

冒頭のリンク先からアドオンをインストール。
その後、ステータスバーの右下のScribeFireのアイコンをクリックし、設定画面へ。

まず、自身のサイトURLを入力…自動で判別しようとしてくれるが、
判別できませんので、手動で設定していきます。
とりあえず、アカウント登録してあるメールアドレスとパスワードを入れ、
APIのURLに http://blog.seesaa.jp/rpc と入力。
タイプは Movable Type を選択。

すると、Seesaaのアカウントにて登録しているブログが一通り追加された。
これで設定の大体は終了ですが、折角なので、
オプションでPingの送信の設定もしておこうと思います。

こちらの画面の「更新されたときに通知するサイト」のURL一覧を一通りコピーした後、
ScribeFireの画面右の「オプション」タブから「Pingを有効にする」のチェックボックスの下、
「その他(コンマか半角スペースで区切る)」に、全て貼りつけます。
改行は自動的に半角スペースに置き換えられるようです。
完全な確認方法はちと分かりませんが、少なくともフィードは数分で更新されてたので、
断言はできないものの、通ってはいるはず。。

まだ使用してない機能もあるので今回は細かい部分は割愛しますが、
Firefoxユーザーで複数ブログを利用している人には重宝するアドオンだと思います。

2/3追記:バージョン3.5にてパースエラーがあるようで、
肝心の編集画面がなんと機能しなくなっています。
最新版を削除し、ここから前バージョンを再度入れ直すことで対処できますが、
早急なアップデートを待ちたいところです。。

タグ:Firefox
posted by garni at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139457130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。