2006年03月30日

America

photo
ブックエンド
サイモン&ガーファンクル
Sony Music Direct 2003-12-17
曲名リスト
  1. ブックエンドのテーマ
  2. わが子の命を救いたまえ
  3. アメリカ
  4. オーバース
  5. 老人の会話
  6. 旧友
  7. ブックエンドのテーマ
  8. フェイキン・イット
  9. パンキーのジレンマ
  10. ミセス・ロビンソン(卒業)
  11. 冬の散歩道
  12. 動物園にて
  13. 君の可愛い嘘
  14. 旧友(未発表デモテイク)

by G-Tools , 2006/11/06


名盤です
Paul Simonの紡ぐメロディは本当に美しい…
このアルバム、詞を読んでいると
本当に色々考えさせられます
音楽を楽しむのにあんまり政治的な背景を考えすぎるのも
ちょっと無粋かもしれませんが…

素晴らしい歌ばかりの彼らですが、
その曲の中でも特に好きなのが「America」

栄光への夢と迫り来る現実…

僕は向き合えるか?
君は向き合えるか?

"キャシー どうしたらいいんだろう"
彼女が眠ってるのを知りつつ僕は言った
"虚しくて 苦しくてたまらない
それがなぜだかわからないんだ"
ニュージャージー・ターンパイクを走る
クルマの数をぼんやり数えてた
あの人たちもみんな
アメリカを捜しにきたんだ
みんなアメリカを捜しにやってきた
みんなアメリカを捜しにやってきた


傷を治すのは傷より痛む
でも放っておけば酷くなるばかりだ

アメリカ
この歌の頃と何も変わっていない
むしろ…


【公式】Simon & Garfunkel official site


posted by garni at 18:27 | Comment(8) | TrackBack(1) | Pop/Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Let us be lovers and marry…で始まるんだっけ?
生まれて初めて買ったアルバム、実はこれなの。
ベトナム戦争の頃の歌だよね。
指導者に依って国が変わる、歴史の重大な局面も違ってくる。その指導者を選ぶのは国民、市井の人々。
歴史を作るのはまさに市井の人々の選択なのでしょう、好むと好まざるに拘らず。
Posted by kikurako at 2006年03月30日 20:25
そうだったんですか?
いつも、
お年寄りは何を話しているのかなと思うんですが、
なんか寂しそうだなあと。

代表となる人がどんな人間か見極める目は必要ですね
それでも流れには逆らえないのかな…
Posted by garni at 2006年03月30日 21:36
>お年寄りは何を話して…
Old Friendのこと? まるでブックエンドの様って?
田舎にいた頃、近所の独居老人は同じく一人暮らしの人を心配してたし、私には昔のその地域のことや自分がどうやって生きて来たか話してくれたよ。
自分の苦労を知って欲しがってた。
聞いてあげることが一番の労りみたい。
Posted by kikurako at 2006年03月31日 00:49
そうそう、「Old Friend」の前に入っている会話。
老人ホームかどこかで録音したのかな?

そうですね、祖母も戦時中の話とか
聞かせて欲しいと言うと、
いつも色々話してくれます。

今はすっかり元気というか、
調子が悪くなる前と変わりない状態ですよ。
本当に良かったです。

あんな事でもない限り、
こっちが心配しないくらい元気ですが
家で何かしようとしている時は、
なるべく手伝ってあげるようにしてます。
Posted by garni at 2006年03月31日 01:06
Old Friendの会話は正しく老人ホームで録ったもの。
「私はいつもベッドの右を開けて寝るのよ、夫がずっと右側で眠ってたから」なんてしゃべってるらしい。

いいね〜、私はしんぐる〜べぇっどでい〜つも〜
大の字になってンゴンゴいいながら寝てるよ…たはw
Posted by kikurako at 2006年03月31日 21:52
僕もシングルベッドで
いつもンゴンゴ言いながら寝てます…w
Posted by garni at 2006年04月01日 00:17
このPサイモンのヘアスタイルとモノクロームのフォトがお洒落ですね。Pサイモンソロになってものこアメリカは歌ってましたよね。いい歌です。
Posted by yokohamametal at 2006年04月07日 14:49
そうですね、このジャケットも素晴らしいですね。
Pサイモンのメロディのセンスは本当に凄い…と
聴くたびに思います。
Posted by garni at 2006年04月07日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

好きなアーチスト
Excerpt: あなたの好きなアーチストのことを熱く、まったり、クールに語って下さい。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-04-01 23:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。