2006年05月02日

東京裁判「知らぬ」7割

asahi.com [05月02日01時10分] 東京裁判「知らぬ」7割、20代では9割 本社世論調査 戦後の占領下、米国などの連合国が日本のA級戦犯を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)の開廷から60年たち、この裁判の内容を知らない人が70%にのぼることが、朝日新聞社の世論調査でわかった。20代では90%を占める。知らない層ほど、靖国神社へのA級戦犯合祀(ごうし)に対する抵抗感は薄く、首相の靖国神社参拝についても反対が少なかった。一方、戦争の原因について日本人が自ら追及し、解明する努力がまだ不十分だと考える人は69%にのぼった。


何と言いますか、
今、十数年前の記憶を振り返ってみても
第二次大戦の辺りからの歴史の授業って本当に曖昧な感じでした。
どういった裁判かもはっきり聞かされないまま
日本が悪いからこうなったというような。

…まあ、朝日の場合必要以上に日本にとって
不利な考え方を押し付けようとするところがあるので、
この世論調査の信憑性もちょっと気になりますが…
すいませんね疑り深くて

個人的に合祀には違和感はありますが、
知っているから参拝に反対とか
知らないから合祀に抵抗がないのかはちょっと分からない。

実際には様々な戦勝国の思惑が絡み、
また後々マッカーサーが
「あれは失敗だった」と回想していることからも
この裁判は今でも議論されているという話。
知らないのは教えてないからですよね?

昨年の8月15日にNHKで放送された
「日本の、これから」の中での、
町村前外相のこの発言はその真理をついていると思います

なぜね、そのみなさん3学期の終わりにちょこっとね、近現代を学ぶのかとおっしゃった。それはまぁ一つはね、最初からまじめにやり過ぎているということはあるんですが、逆に近現代をやるためには先生の思想性が問われるから。

で、日本の場合は教職員組合の人たちがどちらかというとマルクス・レーニン主義的な教え方をしたがる。教育委員会、文部省はそれは困るというと。したがって、だいたいあの、江戸時代の終わりでなんとなく終わるようにして、それで近現代は触らないと。これが暗黙の了解なんです。これは事実です。

でまぁその上で私が言いたいのはですね、なかなか日本の事を理解されない、歴史の問題あるいは戦後の日本のね、平和の歩みについても。これは一つは外務省の大臣として言えばですね、今まではどちらかというと中国、韓国のみなさん方には十言いたいところをできるだけ抑え目にやってきた、これ事実です。それで、日中、日韓、まいわば平和友好が成り立つというような基本的な姿勢があったと。これからはもっとお互いにはっきり言う事は言い合うということのほうがいいと思います。



【参考1】Wikipedia 極東国際軍事裁判 極東国際軍事裁判は、戦勝国が敗戦国を一方的に裁くという構図であったため、その評価については議論の対象になることが多い。 この裁判では、原子爆弾の使用など連合国軍の行為は対象とされず、証人のすべてに偽証罪を問わなかった。また、罪刑法定主義・法の不遡及が保証されなかったことの指摘も多い。当時の国際条約(成文国際法)は、現在ほど発達しておらず、当時の国際軍事裁判においては、現在の国際裁判の常識と異なる点が多く見られた。
【参考2】Judgment International Military Tribunal for the Far East


【PR】戦争を知らない人のための靖国問題 文春新書
【PR】国家戦略からみた靖国問題―日本外交の正念場 PHP新書


posted by garni at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

韓国いじり
Excerpt: 韓国いじりと言っても、別にネット右翼を気取るつもりはない。 ただ、ライブドアの朝鮮日報の記事を見ていたらあまりにもワロタ 記事があったから取り上げようと思ったのだ。 http://news...
Weblog: イジブロ
Tracked: 2006-05-02 21:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。