2006年05月06日

Keithさん、大丈夫?

BARKS [5月4日] キース、脳出血で手術? 『The Sun』紙によると、リチャーズはいったん退院したものの、頭痛が消えず改めて検査を受けたところ脳の中で出血しているのが発見されたという。関係者は同紙にこう明かしている。「事故は、みんなが思ってる以上にひどいことになった。検査の結果、医者は頭蓋骨に穴を開けて、血を抜き取ることにしたんだ。傷が残るけど、手術をすれば完治するって言われてる」


個人的な話になりますが
ウチの祖母は年明けに転んで頭を打って医者へ行きました、
その時は単にケガとして処置を受け
そのままにしていたのですが、
2ヶ月経ったあたりから物忘れが酷くなったり、
歩行に支障をきたすようになってしまいました。

もう82歳だし認知症かもしれないと思ったのですが、
実際は硬膜下血腫を起こしており、
すぐに頭の中に溜まった血を抜く手術を受けました
手術は成功し、数日後には退院できました。

ひと月経ってから病院でもう一度検査を受けたところ、
再び出血があり、また手術…今は退院して家にいますが

Keithさん、最初はそんな大事ではないだろうと思ってたし
退院したというニュースもあったので安心してましたが、
心配ですね…なんか全然他人事とは思えない。

ゆっくり休んで、再びステージに立って欲しい!
心から回復を祈ります。


5/7追記:
サンスポ [2006年05月06日] ストーンズのキース、脳手術否定も退院の見通し立たず 【オークランド(ニュージーランド)5日=サンケイスポーツ特電】休暇中に原因不明の事故に遭ったザ・ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズ(62)の病状について5日、バンド側が説明した。一部で報道された「脳内出血で手術」などの重症説を否定したが、依然当地で入院中であることを明らかにした。退院の見通しも立っておらず、27日からの欧州ツアーへの影響が心配されている。


ようやく公式なアナウンスが出た。
手術説は否定されたものの、未だ入院中らしいですね。
広報の人によれば、27日から始まるバルセロナから
ツアーを再開するような話をしていますが…どうもはっきりしない
無理せずやっていって欲しいと思います。


5/8追記:
BARKS [5月8日] GNRのアクセル、3分完売に“エキサイト” ガンズ・アンド・ローゼズはドイツで行われるローリング・ストーンズの公演にオープニングとして出演することが決まった。彼らは'80年代にもステージを共にしたことがある。


という話なんですが、
ガンズの(と言っても既に違うバンドという感じだが…)
「出演することが決まった」ってことは
ヨーロッパツアーはやはり行われるようです。
Keithの容態については当初からあまり情報が出てきてませんが
これは予定通りいける、と捉えていいもんなんだろうか!?

photo
Sticky Fingers
The Rolling Stones
Virgin 1994-07-26

by G-Tools , 2006/05/09



あんまり名盤が多過ぎて選べませんが…
本当のフェイバリットは『Let It Bleed』なんですが
このニュースで「出血させろ」というのは、
あんまりだと思ったので変えます

Andy Warholのデザインしたジャケも有名ですね
個人的には「Brown Sugar」や「Bitch」といった
リフの強力な曲が好みですが、
今聴きたいのは「Wild Horses」かなあ…静かないい曲です


【関連記事1】Keithさん、事故を振り返る
【関連記事2】Keith、手術うけていた
posted by garni at 14:25 | Comment(2) | TrackBack(2) | Pop/Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB有難う。
思ったより深刻ですね
かれのオフィシャルサイト Cool!http://www.keithrichards.com/
でも何もわかりませんね?

Posted by Nakanokeiichi at 2006年05月06日 15:30
ニュースを目にしてびっくりしました、
オフィシャルの方、確かに触れられてませんね
落ち着いたら経過報告あるかな?
手術、無事に成功して欲しいです。
Posted by garni at 2006年05月06日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17453718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

KEEF
Excerpt: keith Richardsさまは 復帰できないかもしれない。 溜まった脳内の血も抜いているようですが 頭蓋骨まで手術しているらしい 未確認ですが THE SUN の記事です。 Vigil fo..
Weblog: 中野馨一の外構、庭造りの現場から
Tracked: 2006-05-10 18:01

 2006年7月11日 Keith 始動、 Forever rolling stone !
Excerpt:         The Rolling Stones のキース・リチャーズという人物は どんな人なのか?  を知るために、何はともあれ、 ステージでギターを弾く姿を観るのが いちばんなんだけ..
Weblog: “Mind Resolve” 1966年、 Swiging London が栄えた時代に生まれた俺も40歳だとよ。笑わせるぜ。
Tracked: 2006-07-11 23:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。