2006年08月09日

核廃絶への祈り

Yahoo! - 読売 [8月9日14時46分] 長崎、61回目原爆忌…「廃絶」誓い核拡散に警鐘 伊藤一長市長は長崎平和宣言で、核保有国の核軍縮が進まない現状に対する怒りといらだちを強調し、「2006年を再出発の年とすることを決意し、恒久平和の実現に力を尽くす」と、核兵器廃絶への取り組みを強める考えを表明した。式典は午前10時40分、高校生が打ち鳴らす「長崎の鐘」を合図に始まった。この1年間に亡くなったり新たに死亡が確認されたりした2831人の死没者名簿3冊が、平和祈念像前の奉安箱に納められた。これで名簿の累計は14万144人となった。


…今なお核の脅威の中に世界は存在していて、
61年経った現在でも、後遺症が遺伝子に刻み込まれている人達が
沢山いるのだ、という話を、ある方のところで読ませてもらった。

先日、「報道ステーション」の中の特集で、
90歳になる山口彊さんというおじいさんの話が放送されていた。
山口さんは広島、そして長崎と、
二度の原爆を体験された方だ(cineaste.jp)。

8月6日、出張先の広島で被爆した。
「その瞬間、自分は死んだと思った」と山口さん。
その夜、街中が燃えていた。自身も半身に大火傷を負ったという。

夜が明け、山口さんは太田川の傍にいた。
そこで見たのは…おびただしい数の犠牲者の人たちが
川の向こう岸まで、筏のように連なった光景。
嗚咽しながら、当時のその光景を語る山口さんがそこにいた。

「何としても家族のいるところに帰ろう」
その必死の思いで、重傷を負いつつも
適切な治療を受けられたこともあり
山口さんは数日後に長崎へ帰れたそうだ。

長崎へ戻った8月9日。
山口さんの上司は広島の状況を聞き入れず、
「街をそれだけ破壊するのに、
一体どれだけのエネルギーが必要だか分かるだろう」
とはねつけたという。

まさにその時、二度目の原子爆弾が投下された…

聞き手の松岡修造が
「山口さんにとって、平和って何ですか」と問うと
山口さんは、「平和っていうのは結局…
"One For All, All For One"なんじゃないかと。
これはデモクラシーの言葉なんですが、
平和にも通じるんじゃないかと思うのです」と答えていた。


番組を観ていて僕は宮沢賢治の
「農民芸術概論」の中の一節を思い出した(aozora.gr.jp)。

"─おれたちはみな農民である ずゐぶん忙がしく仕事もつらい
もっと明るく生き生きと生活をする道を見付けたい
われらの古い師父たちの中にはさういふ人も応々あった
近代科学の実証と求道者たちの実験と
われらの直観の一致に於て論じたい
世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない
自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化する
この方向は古い聖者の踏みまた教へた道ではないか
新たな時代は世界が一の意識になり生物となる方向にある
正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識して
これに応じて行くことである
われらは世界のまことの幸福を索ねよう 求道すでに道である"



【関連記事】遠い日の幻影

【関連ニュース1】asahi.com [8月4日] なぜ原爆は2度落とされたのか 「二重被爆」国連で上映 短歌をたしなむ山口さんが、広島の太田川を埋めて流れる遺体を「人間筏(いかだ)」と表現した同名の短歌集の作品などが、英語の字幕で紹介された。映画の中で、二重被爆を知ったフランスの学生が「ヒロシマ、ナガサキは一つの出来事ととらえてきたが、二重被爆はなぜ2度目の原爆が必要だったかを考えさせる」と話す。 山口さんは今回、初めて旅券を手にして訪米したという。「ここで死んでもいいと決意して来た」と話した。

【関連ニュース2】中国新聞 [7月29日] 二重被爆を語り継ごう 広島経済大で映画上映 広島、長崎両市で被爆した人の証言などをまとめたドキュメンタリー映画「二重被爆」の上映会が二十八日夜、広島市安佐南区の広島経済大であった。被爆地広島での上映は初めて。映画の出演者で安佐南区の二重被爆者賀谷美佐子さん(76)や学生ら約三十人が鑑賞した。六十分間の映画は東京の制作会社が六月に作った。「広島からキノコ雲が追ってきた」「二重被爆を語り継ぐために生かされた」…。二度の惨状を体験した八人の二重被爆者(一人は死亡)が証言する。その映像を見た核保有国の米国やフランス、中国などの学生、市民の声も紹介している。

【参考】Wikipedia 長崎市への原子爆弾投下(ながさきしへのげんしばくだんとうか)では、第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)8月9日、午前11時2分に、アメリカ軍が日本の長崎市に対して投下した原子爆弾に関する記述を行う。これは実戦で使われた二発目の核兵器である。(現時点では実戦で使われた核兵器は広島・長崎の二発である)この一発の兵器により当時の長崎市の人口24万人(推定)のうち約14万8千人が死傷、建物の約36%が全焼または全半壊した。敗北寸前の日本に対しての原子爆弾投下はほぼ戦略上無意味であり、核の威力を実験した意味合いが強い。また、北海道へ進出したソ連に対抗する為とも言われ(当時、アメリカは既に仮想敵国としてソ連を想定していたといわれる)。このような諸説が入り混じり、正確な理由は分かっていない。


posted by garni at 16:08 | Comment(4) | TrackBack(3) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長崎への原爆投下は「上司へのゴマスリ」として現場の指揮官が
「やらかした」説もあるようで・・・トゥルーマンは困惑したとかしないとか・・・
2度目は要らないよね2度目は、どう考えても。
広島だけで沢山さ。
私の義理のじいちゃんは原爆で家族と家財産をすべて失いました。
平和の鐘をつく被爆者の一人だった、かつて。良い人だったよ。
Posted by kiku at 2006年08月09日 20:24
そうだったんですか…やりきれませんね。

うん、やっぱりきくさんに話を聞かせてもらうのは凄くためになるなあ。ありがとう。
Posted by garni at 2006年08月09日 21:28
garni さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

日本が声だかに叫んでも
核保有国は一向に核を手放そうとしません。

それどころか、次々に核保有(疑惑)国家が出てきてますよね。

それぞれができることを実行することで
戦争のない世の中に近づいていければと思います。
Posted by 「感動創造」 at 2006年08月10日 12:12
>「感動創造」さん
こちらこそ、いつもありがとうございます。

伊藤市長は名指しでイスラエルを非難されてましたね。核保有国ではロシアだけが式典に参加したとか…

防衛とはいうものの、今、世界でじわじわと広がっている悪い連鎖がどこかで断ち切られることを願ってやみません。
Posted by garni at 2006年08月10日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

#1345 心に響いた言葉。心にも届かなかった言葉。
Excerpt: 「人間は、いったい何をしているのか」 この言葉で始まった今年の長崎平和宣言 聞く
Weblog: 続「とっつあん通信」
Tracked: 2006-08-11 09:12

『二重被爆』通信スタートしました
Excerpt: はじめまして 記録映画『二重被爆』製作委員会スタッフの黒田と申します。 この日記では作品の製作秘話や上映情報、活動記録など いろんな情報を載せて行きたいと考えてます。 現在、宣伝活動を頑張って..
Weblog: 『二重被爆』通信
Tracked: 2006-08-25 17:37

5月11日に広島でファスレーン365の話をします
Excerpt: 「核兵器廃絶をめざすヒロシマの会」の総会の記念シンポジウムにパネリストとして招待されました.一般参加OKとのことですので,近くの方はどうぞおいで下さい. 第8回HANWA総会・記念シンポジウム ..
Weblog: ペガサス・ブログ版
Tracked: 2008-05-09 18:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。