2006年08月23日

カンガルーと避妊薬

Yahoo! - ロイター [8月23日20時17分] 豪キャンベラ、カンガルーに避妊薬 アニマル・リベレーションの広報は、ロイターに「カンガルーを撃つよりはいい。首都で国のシンボルを殺すのは適切ではない」と述べた。オーストラリアには現在、人口の3倍近い5700万匹の野生のカンガルーがいるとされ、穀物や不動産などに被害を与えている、という。


とのこと
オーストラリアでは、カンガルーと自動車の激突する事故が
動物関係の交通事故の中の7割ほどを占めているらしい。
しかし、オーストラリアのマスコットといえる動物を
増えすぎたからと言って処分するというのは…
殺さなければならない人も、気の重い仕事でしょうしね。

それにしてもオーストラリアといえばカンガルー、
カンガルーといえば

ハッチだ(bb.watch.impress.co.jp)。

まあ、ハッチは基本がぐうたらですので
このオーストラリアで繁殖しまくっている
「旺盛」なカンガルーとは比較にはならないかも…


【元記事】Reuters [Wed Aug 23, 2006 6:31 AM BST] Kangaroos put on the pill to curb population "It's definitely a lot better than shooting kangaroos," Animal Liberation spokeswoman Simone Gray told Reuters on Wednesday. "In our nation's capital, it certainly isn't appropriate to kill our national symbol." Australia has an estimated 57 million wild kangaroos, or nearly three times the human population, which damage crops and property and compete with livestock for food and water.

【関連ニュース】asahi.com [7月27日23時12分] カンガルー「ハッチ」のお嫁さん妊娠 父はハッチ以外 おめでたは、神戸市立王子動物園から6月11日に嫁入りした「クララ」。おなかの袋の中で約7センチの赤ちゃんが動いているのに、数日前に気づいたという。でも逆算すると、受精は遅くても4月。ハッチの子ではない。だが「オスだったら父子で並んで麻袋にキックをする姿をみせられるかも」と須坂市動物園は喜ぶ。


posted by garni at 23:47 | Comment(2) | TrackBack(1) | どうぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カンガルーはおっとりなのかね?
「アナタの子よ」「ええ?そうなの・・へぇ〜」みたいな
サルはボスが代わると群れの赤ん坊皆殺しですからね。
メスザルの子はみんなそん時のボスの子。

サルは嫌いです。
小学生のとき襲われた、宮島の弥山で・・サルのバカ!
Posted by kiku at 2006年08月24日 21:14
>きくさん
サルは猛獣でしょうね。
チンパンジーなんかは握力300kgあるし…

カンガルーも闘争心は凄そうだから、
喧嘩したらかなわないかもしれません。

顔はラクダみたいですけどw
Posted by garni at 2006年08月25日 16:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

動物用医薬品
Excerpt: 動物用医薬品ならペット用品・・・
Weblog: 広島県医療機関
Tracked: 2006-08-27 18:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。