2006年09月11日

犬丸りんさんが自殺

Yahoo! - 読売 [9月11日15時29分] 「おじゃる丸」原案・犬丸りんさん、飛び降り自殺か NHKの人気アニメ「おじゃる丸」の原案者で知られる女性イラストレーターの犬丸りんさん(48)が、東京都武蔵野市吉祥寺本町の自宅マンションの屋上から転落して死亡していたことが11日、わかった。仕事に悩んでいるという内容の遺書が残されていたことから、警視庁武蔵野署は飛び降り自殺と見ている。 調べによると、犬丸さんは10日午後1時30分ごろ、14階建ての自宅マンションの屋上から、隣にある5階建てのビルに転落し、死亡した。 室内にあった母親あての遺書には「仕事ができない」などと書かれていたという。


学生の頃、土曜に授業が終わって食堂でメシにしていると
置いてあるテレビから「おじゃる丸」が流れていた

「あー、相変わらず脱力してるなー」
「上田祐司って本当、色んな声が出せるんだよね」

なんて友達と苦笑いしつつ、
面白がってついつい眺めていたのを思い出した。
たまたまマックでトレーに敷いてあるチラシで
「おじゃる」を偶然目にしたときも、その絵に和んだっけ。

"まったりまったりまったりな〜"
北島三郎の歌う主題歌が頭をよぎる。
画面上のキャラクターがのんびりしてただけに、
犬丸さんがこういうかたちでこの世を去るのは…あまりに辛い。

ご冥福をお祈りします…


【参考1】Wikipedia 犬丸 りん(いぬまる りん、1958年 - 2006年9月10日)は、漫画家・エッセイスト。筑波大学大学院修士課程芸術研究科・デザイン専攻視覚伝達デザイン分野修了。NHK教育テレビのアニメ「おじゃる丸」の作者。

【参考2】Wikipedia おじゃる丸 千年前のヘイアンチョウから現代の月光町に、妖精貴族の子(やんごとなき雅なお子様)おじゃる丸がやってきた。おじゃる丸は月光町の男の子カズマの家に居候を始める。また、ひょんなことからおじゃる丸が持って来てしまったエンマ大王のシャク(笏)を取り返すために、エンマ大王の子分の子鬼トリオ(アオベエ、アカネ、キスケ)がやって来て、月光町は今日も愉快な騒動が起こる。


posted by garni at 16:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キスケをピースケと言っては何度も訂正させられた・・
ハムスターの公(きみ)ちゃんやティーバッグを部屋干ししている薄井幸代が好きだった・・。

仕事出来なくたってダメ人間てわけじゃないのに。
だれか、追い詰めたんだろうか?
そんなに思い詰めちゃうなんて、仕事なんてただの生計を立てる手段に過ぎないのに。
そう割り切ったら楽なのに。 かわいそう。
Posted by kiku at 2006年09月11日 21:33
>きくさん
薄井幸代って犬丸さんの分身だったのかなあって、
ちょっと思ってしまいました。

ちばあきお先生とかもそうだけど
ポジティブな作品を作った人が自殺するのって
辛いですね…
Posted by garni at 2006年09月11日 23:18
あっしは、本田先生のキレっぷりが好きでした。

「まったり」としていただけに・・・。
辛さ倍増です・・・(´д⊂ヽ。
Posted by a-tekichi at 2006年09月12日 00:58
>あてきちさん
そうですね…ギャグアニメとしても良質の作品だったのに。
富樫義博くらい開き直れれば…
Posted by garni at 2006年09月12日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。