2006年09月15日

セグウェイ、リコールへ

Yahoo! - 毎日 [9月15日10時59分] <セグウェイ>販売した2万3500台すべてリコールへ 「セグウェイ」は時速20キロを超えそうになると自動制御装置が働くが、この装置が作動した直後に乗ると、車輪が反転する可能性があるという。リコールで、ソフトウエアを交換する。リコール対象は02年3月から今年9月中旬までの販売分。03年にも別の不具合で約6000台がリコールされた。日本では公道での利用は許可されていないが、小泉首相が米大統領から贈られた「セグウェイ」に乗り、公邸から官邸への出勤に利用したことがある。


とのこと
タイヤが逆回転…恐ろしいですね
実際に乗っている人を見たことはないけど…もっとも、
23,500台しか売れてないんじゃそれも不思議ではないが

セグウェイと聞くと、上記のニュースにも書かれているが
やはりすぐに思い起こされるのは
小泉首相 セグウェイで官邸入り(2ちゃんねるベストヒット)のニュース
もし乗りこなしている最中に…と思うと、
やはり彼は運の強い人物というべきなんでしょうか。

ちなみに、ブッシュの方はコケたことがある模様(depresident.com)


【公式】segway.com

【参考】Wikipedia セグウェイ 2001年12月の発売以前は、その実体が極秘製品としてごく一部の人間を除いて全く隠され、またアップルCEOのスティーブ・ジョブズやアマゾンCEOのジェフ・ベゾスなどが「人間の移動形態を変える革命的な製品」と絶賛したため、セグウェイに対する米マスコミの期待は過熱し、「空中に浮かぶスケートボートのようなものではないか」という噂が蔓延したほどである。発売後は一部のマニアから熱狂的な支持を得たものの、1台60万円という高価格がネックとなり販売は低迷。

【PR】世界を変えるマシンをつくれ!―「セグウェイ」をつくった天才発明家とエンジニアたち Steve Kemper 日暮雅通, インフォバーン


posted by garni at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。