2006年09月30日

イヌにキシリトールは危険

excite - ロイター [10月03日1時12分] 犬に「シュガーレス」おやつを与えないで 獣医が警告 グワルトニー・ブラントは「人々はシュガーフリーのガムが愛犬を殺すことになるとは思いません。以前は私もそうでした。しかし、これは広く知られるべきことです」と述べた。ごく少量のキシリトール摂取ですら大幅なインシュリン分泌のきっかけになり、血糖値を急激に下げて危険を招くことがあるという。彼女は「1グラムのキシリトールを摂取した体重10キロの犬は、治療が必要になります」と言いつつ、因果関係を証明するにはさらなる研究が必要だともつけ加えた。

とのこと
人間にとって平気なものでも…
動物にとっては命に関わる食品というのを知らずに
もしそれらを与え続けてしまったりすれば、
飼い主は知らない内にペットを追い詰めている事になる。

僕は犬を飼った事はないのですが
昔、ハムスターを飼ってました。
ハムスターに限らず、犬や猫もそうですが
飼っている人なら当たり前のように知っている、
「チョコレートを与えてはダメ」(nomata-inuneko.com)というのも、
飼う前には知らなかったことでした。

「飼った以上は責任持って」は勿論ですが、
こうした知識を前もって学ぶことは大事ですね。


【元記事】Reuters [Sat Sep 30, 2006 12:46 AM BST] Dog owners warned over sugar-free items Gwaltney-Brant said for dogs, ingesting even a small amount of xylitol can trigger significant insulin release, which drops their blood sugar and can be fatal."A 22-pound (10-kg) dog who consumes one gram (0.03 ounces) of xylitol should be treated," she said, adding that further studies were needed to definitely establish a cause-and-effect relationship.


posted by garni at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(1) | どうぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

チンパンニュースチャンネル - 2006/09/07
Excerpt: 「シリーズ!動物医療最前線〜 一刻の猶予も許されない病 椎間板ヘルニア〜」 (ゲスト・三宅健) 今夜は番組から、三宅にプレゼントがあるらしい。 それはなんと、世界に一つしかない番組特製チ..
Weblog: P.T.T.E.
Tracked: 2006-10-03 15:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。