2006年10月19日

カジノ王が風穴

excite - ロイター [10月19日17時42分] カジノ王、ピカソの名画に穴を開ける この作品は、1932年にピカソが愛人のマリー・テレーズを描いた肖像画。ウィン氏は、「夢」を別のコレクターに1億3900万ドル(約165億円)で譲渡する契約をまとめたばかりだった。しかし、2週間前、ラスベガスのオフィスでこの作品を友人たちに披露していたときに、指の太さくらいの穴を開けてしまった。


とのこと…いやはや、取り返しのつかないことを…しかし、
かたちあるものは、いずれ壊れてしまうのは仕方ないのか。

あらゆる創造活動はまず何よりも破壊活動である。

そうピカソは生前語っていたというが、
もし生きている間に自らの絵に穴が開けられたとしたら?
しかし、常に時代の先を追い求めていた彼ならば
そんなことはどうでもいい、と言ったかもしれない。

それにしても、

「絵の真ん中に……銀貨ほどの黒い穴が空きました。彼は『ちくしょう、やっちまった。やったのが私でよかったよ』と言いました」

「やったのが私でよかったよ」
(Look what I've done. Thank goodness it was me.)
すぐにこういう言葉が出てくるというのは、まさに大物。


【元記事】Reuters [Wed Oct 18, 2006 12:29 AM BST] U.S. casino magnate gives Picasso's dream the elbow Wynn had just finalised a $139 million sale to another collector of his painting, called "Le Reve" (The Dream), when he poked a finger-sized hole in the artwork while showing it to friends at his Las Vegas office a couple of weeks ago.

【参考1】美術家の言葉 パブロ・ピカソ

【参考2】Wikipedia パブロ・ピカソ 1927年、ピカソは17才のマリー・テレーズ・ワルテルと出会い、密会を始めた。ピカソはオルガと離婚しようとしたが、資産の半分を渡さねばならないことがわかり、中止した。ピカソとオルガの結婚は、1955年にオルガが亡くなるまで続いた。ピカソはマリー・テレーズと密会を続け、1935年に娘〈マイア〉が生まれた。またピカソは1936年から1945年まで、カメラマンで画家のドラ・マールと愛人関係をもった。彼女はピカソ芸術のよき理解者であり、『ゲルニカ』の制作過程を記録した。


posted by garni at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

夢から悪夢
Excerpt: カジノ王、ピカソの名画に穴を開ける 何、これ? やらかしてしまった、という感じでしょうかね。
Weblog: ニュースにツッコむblog
Tracked: 2006-10-20 10:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。