2006年10月23日

ウシ柄のタクシー見参

excite - ロイター [10月22日10時07分] チリに登場した「牛模様のタクシー」、大好評で窃盗防止にも効果的 ユアン・ジェラルド氏(46)が運転するタクシーの内装は、全てが白と黒の斑点模様の牛革で覆われており、ハンドルまでもが「牛模様」。さらにはオモチャの牛が車内に並んでおり、クラクションも「モー」と鳴るように改造されている。夜にはネオンライトが車内で点灯、一際目立つタクシーになるという。


とのこと…か、かっこいい…!!
ニューヨークにはこんなオブジェ(?)があるようですが
コチラはド派手なホルスタイン柄のミルキーなTaxi(動画ニュース)
これほど目立つタクシーを盗んだら…モロバレですね?

ただ、映像を観る限りでは内装のみがウシのようで、
エクステリアは通常のタクシーに見える…が、それでも十分凄い。
運転手さんもウシ柄ジャケットにカウボーイハットを着用、
「モーモー」と鳴きまくるクラクションはまさに圧巻。

ちょっとGatewayを思い起こさせるデザイン…大分前になりますが
ウシ柄のグッズが流行った時期がありましたね。
家にも、ウシ柄の灰皿があったりします


【元記事】Reuters [Fri Oct 20, 2006 7:56 PM BST] Chilean taxi driver combats crime with cows After being robbed several times, Juan Geraldo upholstered and covered every square inch of his car's interior with black and white spotted cowhides, including the steering wheel and ceiling. He then decorated the interior with stuffed toy cows, and added a horn that moos.The visual effect is even more impressive at night, when the black and white taxi interior is set off from floor to ceiling by a flood of neon light.


posted by garni at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | Oddly Enough | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ミルクを注げばホルスタイン柄に!ミルククラブグラス
Excerpt: TB失礼します<(_ _)>一見見るとなにがなんだかわからない「黒い模様」も「ミルク」を注げば「ホルスタイン柄」に!「飲む人がミルクを注いでデザインが完成する」なんてホントにユニーク!パッケージも「牛..
Weblog: ちろのおすすめギフト
Tracked: 2006-10-29 01:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。