2006年11月01日

アンガールズが歌う「白石さん」

ITmedia [10月31日12時23分] 「生協の白石さん」作詞作曲・アンガールズ歌のCD付きブックレット発売 講談社は、「生協の白石さん」こと東京農工大学生協の職員・白石昌則さんが作詞・作曲し、アンガールズが歌う「木洩れ日」のCDと、A5版ブックレットのセット「生協の白石さん 木漏れ日」を12月7日に発売する。1300円(税込み)。


とのこと…記事を見た瞬間、吹きました。
もうなんて言うか、ハマリ過ぎというか。

photo
生協の白石さん 木洩れ日
白石 昌則
講談社 2006-12-08

by G-Tools , 2006/11/01


元バンドマンの白石さんは、キーボードとコーラスでも参加。バンド仲間で親友の浦邉康雄さん(ベース)とmanzoさん(ドラム)と3人で、新バンド「準国産」も結成した。

白石さんってバンドマンだったんですねぇ!
この絶妙な取り合わせ…満を持して、というヤツでしょうね。
しかし、日本ブレイク工業という名前も随分久々ですな?


【公式】Moura
【動画】日本ブレイク工業社歌
【参考】Wikipedia アンガールズ コンビ名の由来は、二人とも女性的な雰囲気なので田中が「ガールズ」とつけようとしたが、山根の反対によって否定の「アン(UN)」をつけたことによる。ぴったんこカン・カン及びぐるぐるナインティナイン出演時、セイン・カミュに「『ungirls』という英語の文法は正しくない。『Notgirls』だ」と指摘されている。もうひとりメンバーが増えると、「アンアンアンガールズで〜す」と、アンを3回つける(アンで否定、アンアンで肯定、アンアンアンでもう一度否定)。ただし、2005年4月の『内村プロデュースSP』でTIMのゴルゴ松本と組んだときは、「アンゴルズ」という名前になっている。


posted by garni at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能/テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。