2006年11月11日

ROCK FUJIYAMA #32

ROCK FUJIYAMA

二〇〇六年十一月六日

レギュラー: マーティ・フリードマン、KENNY GUY(鮎貝健)、
SHELLY、ROLLY、ROCK忍者頼正(久武頼正)

#32ゲスト:大槻ケンヂ


今回のオーケン氏は先頃の筋少の再結成もあって、
お馴染みの特攻服姿でやって来た…さすが似合ってます

「Shop Fujiyama」コーナーではプログレのDVDを幾つか紹介。
そういえば、オーケン氏が最初に組んだバンドだという
「ドテチンズ」はELPの「ナットロッカー」を
演奏しようとして結成したとかしないとか聞いたような…

「ロック・ミーツ・ザ・ライジングサン」
Jupiter/平原綾香 → Smoke On The Water/Deep Purple

なぜか今回はCM前に繰り上げられていた。
「Smoke〜」のバッキングにそのまんま、
「Jupiter」のメロディを重ねるという力業でしたが
意外と面白い味わいになっておりました…

そしてロック映画「スパイナルタップ」のコーナーへ。
名前こそ聞いたことがあるものの、
どんなものか詳しくは知りませんでしたがかなりツボでした、
これはロックファンなら誰もが楽しめそうです

新コーナー「ロックしりとり名人戦」
前回で「ハナウタ湯」は終了した!?
このゲームは何となく難しそうだったが…
これはでも、ネタのアルバムを用意する作業の方が
大変そうだなという感じだったですね。

関係ないけど、筋少での太田氏のドラムをまた聴いてみたい。


【関連サイト1】GyaO FUJIYAMA
【関連サイト2】大人のロック!推進計画

【参考1】筋肉少女帯 復活情報局!
【参考2】Wikipedia 筋肉少女帯 1987年、ナゴムレコードより発売の自主制作EP『高木ブー伝説』が話題を呼ぶ。冗談画報などにも出演。その際演奏した高木ブー伝説、ドリフターなどの楽曲が問題となったりもした。『高木ブー伝説』は結局自主回収という形で販売停止となってしまう。


posted by garni at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ROCK FUJIYAMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。