2006年12月06日

All My Love

photo
In Through the Out Door
Led Zeppelin
WEA International 1994-08-16
曲名リスト
  1. In the evening
  2. South bound saurez
  3. Fool in the rain
  4. Hot dog
  5. Carouselambra
  6. All my love
  7. I'm gonna crawl

by G-Tools , 2006/12/06


ジョーンジーは素晴らしいアーティストながら、
Led Zeppelinという大きなバンドの中では
他のメンバーに比べて地味に扱われている事が多い…

しかし、この『In Through The Out Door』
#3「Fool in the Rain」や#5「Carouselambra」等
John Paul Jonesの露出がZEP史上最も多い作品となっている

このアルバムを好きな理由のひとつは、
やっぱり#6「All My Love」(歌詞)が聴けることだ。

『Houses of the Holy』における「Rain Song」でも、
ジョーンジーはメロトロンやピアノで彩りを添えているが
「Rain Song」がJimmy Page主導によるバラードなのに対し、
「All My Love」ではロバート・プラントとジョーンジーが
先にスタジオ入りして曲を仕上げている。

特に素晴らしいのが2分半頃に入るシンセソロで、
長さとしては少し短いくらいに感じるものの
その後に続くペイジのクラシック・ギターの叙情的なメロディと
被さってこみ上げてくるような切ない流れを聴くにつれ…

ジャケットに描かれた、酒場でひとりカウンターに座り、
メモにライターで火を付けようとしている
どこか訳あり風の男の姿と重なり、ホロリとさせられる。

このアルバムを作る数年前に息子を亡くしたという
プラントのラストのエモーショナルな声の外し方も、
リアルな悲しさがにじみ出ていて胸が痛くなる思いだ。

余談だがアメリカのマニアックなバンド、
Weenがライブでこの曲をカバーしている映像を見つけた。



ソロはオリジナルのままで良かったと思うが、
なかなかの名カバーになっています。


【関連記事】Zooma

【参考】All Music Guide: In Through the Out Door


posted by garni at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pop/Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。