2006年12月08日

The Flame

photo
グレイテスト・ヒッツ
チープ・トリック
ソニーミュージックエンタテインメント 2002-07-10

by G-Tools , 2006/12/08


"病気と闘う人たちの光となるために─アステラス"

というわけで、アステラス製薬のCMで流れているのは
Cheap Trickの「永遠の愛の炎」(歌詞)



Wherever you go, Ill be with you.
Whatever you want, Ill give it to you.
Whenever you need someone to lay your heart and head upon.


実に優しく、また力強い歌詞が感動的な名曲ですが
まさか製薬会社のCMで聴く事になるとは思いもよらなかった…
しかし、詞を読み、映像を眺めると…おお、何だか合ってるかも?


【参考1】allmusic:Cheap Trick
【参考2】Hamer Guitars (英語) Rick Nielsenのギターに関するインタビュー


posted by garni at 04:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | Pop/Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せつない歌じゃん。
凹姐と私自身に捧げよう(勝手に)

わたしゃI want you to want meが好きだったっす。
まさに19〜20歳の頃の思い出たっぷし。

Posted by kiku at 2006年12月08日 20:33
>きくさん
「甘い罠」ですね。
19〜20歳の頃の思い出の曲と言えば、
僕はFoo Fightersの「Monkeywrench」あたりかな…
Posted by garni at 2006年12月08日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。