2007年01月19日

秋山、無期限出場停止

Yahoo! - 日刊スポーツ [1月18日10時1分] 秋山実質永久追放へK1が無期限出場停止 予想をはるかに上回る厳しさに会見場は一瞬、沈黙した。「プロモーターとして新たに処分を下しました。無期限の出場停止です。現行のルールでは出場停止の期間などの取り決めはありませんが、重い責任があることから、最後は私の独断で決めました」。HERO’Sでは初の無期限出場停止処分が下された。


とのこと…先日、某所でこんなコピペを見かけましたが、
細かな真偽は謎なものの妙に信憑性がある…

コピペ

明日、桜庭の会見がある。
内容は
「秋山の不正を絶対に認めたくない」
という内容。
サクは試合後、マスコミに向けて発言したくとも戒厳令をしかれ
発言することを許されてなかった。(前田SVも同様)
明日発表されるヌル山の処分は無期限出場停止
なぜ、こんなことになっているのか?
1;ヘロス参戦に伴い、サクにダニ川が約束した事が守られないために
Pへの復帰を匂わした。サクがルールを5分から10分に変えさせたのは
そもそもそれが条件だったから。
これを快く思わなかったのは、特にヌル
2;契約条件的にサクに逃げられる可能性があったダニはヌルに指示
「多少は目をつぶるようにする。サクを逃がすな、潰せ」
事実、T局とヘロスの07年の契約は白紙状態。
同じくダイナマイトの契約も06年で切れる。
ヘロスのラインナップでは到底契約続行は不可能。
キッド、元気、サクを欠いた状態では、ホンマン投入でも
手薄感あふれる。
「このままならキミは来年K−1GPに出てもらうことになる」
「ヘロス継続の危機なんだ」
3;試合前日にそう告げられたヌルが準備期間もないまま工作
結果は見たとおり。あまりにもお粗末で視聴者を欺けなかった。
そもそも臆病なヌルが幼稚な仕込みを堂々と出来たのは、
FEGの「もみ消し」があると知っていたから
そして競技の人間たちがイベント側から再三注意されていたのは
「中継の流れを切るな、いつも以上にスムーズに進行せよ」
「ほんの数秒の遅れが中継の流れをおかしくさせる」
「これは一年の総決算で、視聴率がすべてだ」
これにより、レフェリー陣はいつもよりもチェックの丁寧さを
欠いたまま、ほかの人間のチェックを信じて進行させていくことになる。
ヌルがこの虚を突いて、子供たちを使いチェックを逃れた。
4;ローションを丸々1本使い切る映像を見たT局は、完全にドン引き。
結果、すべてのクレームをFEGにふる事になる。
ちなみにグローブからロゴがはがれる映像は、グローブの仕込みが
ばれてしまうために、絶対に外には出ないと思われる。
各スポンサーには、有志からの苦情が殺到。
視聴率が良かった為に、様子見していた各社も雲行きが怪しくなってきた。
スポンサー対策で苦情受付サイトを設置したFEG、中身は放置。
ヌルを無期限出場停止にしても、FEGから給料は払われ続ける
なぜなら、ヌルが真相を告発されたらもろとも刑事事件になるからだ。
これを内部告発と見るか、ネット者の戯言と見るかは諸君らの判断に任せる。
ヤツらをこのまま逃がしてはならない -- 名無しさん (2007-01-16 21:10:48)


秋山のグローブに関する話題は、
まとめサイトの「すっごい滑るよ!」に詳細があります
それにしても「無期限」というのはまた曖昧な…

あの試合は確かに腑に落ちないものではあった。
しかし、スミルノヴァス戦もそうだったが
桜庭はやはり全盛期に比べて衰えがみえたのも正直な感想で、
だからこそ今回の件には複雑な思いもある

とはいえ、秋山のあからさまな反則でせっかくの試合が
ぶち壊されたのは事実…怒りよりも虚しさの方が大きいですが、
もう二度とこんな騒ぎは起こってほしくないなと思います。


【関連記事】秋山、失格処分に
【関連記事】桜庭、敗れる

【参考】FEG NEWS REPORT
タグ:K-1 桜庭 秋山
posted by garni at 03:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31671829
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。