2007年01月26日

サラバンド

photo
ドビュッシー:ピアノ作品全集
ルヴィエ(ジャック) ドビュッシー
コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-06-29

by G-Tools , 2007/01/26


今年になって朝日新聞のCMが変わったようで、
「言葉は○○」というのがなくなった。

代わりに、世界各地の紛争で傷ついた人々と、
駅のホームや都市のビル群の映像が交互に立ち現れる…

気になったのがバックで流れている音楽。
ドビュッシーの『ピアノのために』の2曲目、
おそらく「Sarabande」ではないかと思います

このアルバムではジャック・ルヴィエ氏による、
力強くまた幻想的で繊細なタッチの演奏が聴ける。
Debussyのピアノ曲は「月の光」や、
「アラベスク第一番」が有名ですが他にも素敵な曲が多くあります
特に「影像」シリーズは詩的な趣と、文字通り映像的な、
想像力をかき立てる音世界が絶妙に配合されていて好きです

「サラバンド」は手に取ろうとしても触れる事のできない、
蜃気楼のような曲…ある意味では厭世的な美しさ

こうしてまとめて聴いてみるとさながら絵筆がひらひら舞いながら、
色彩を重ねていくようなイメージが頭の中を浮遊します、
まさに印象派の音楽という感じですね。

夜中に小さなボリュームで聴くことが多いけれど
例えばiPodでこの曲を聴きながら街を歩いてみると、
ある不可思議な思いにかられた。
そこにいながらどの世界とも隔絶したような…


【関連記事】無料で楽しめるClassical

【参考】All Music Guide: Claude Debussy
posted by garni at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Classical/Modern | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32173566
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。