2007年03月23日

ヒゲとボイン

photo
ヒゲとボイン
UNICORN 奥田民生 堀内一史
SE 1995-12-13
曲名リスト
  1. ターボ意味無し
  2. 黒い炎
  3. ニッポンへ行くの巻
  4. 開店休業
  5. 幸福
  6. 看護婦ロック
  7. 立秋
  8. ザ・マン・アイ・ラヴ
  9. フリージャズ
  10. オー,ホワット・ア・ビューティフル・モーニング
  11. 風U
  12. 車も電話もないけれど
  13. ヒゲとボイン

by G-Tools , 2007/03/23


大学の時に学園祭で、3〜4年の先輩方が
ユニコーンのコピーバンドでライブをした。

「大迷惑」「すばらしい日々」「スターな男」
「ケダモノの嵐」etc..それからしばらくして、
当時僕が心から尊敬していたドラマーのOさんと、
その時の話になった。

彼が
「『ヒゲとボイン』のドラムを叩くのが一番楽しかった」
としみじみ呟いていたのを覚えている。
僕もあの時のライブではっきり記憶に残っている演奏は、
「ヒゲとボイン」と「大迷惑」くらいだ。

教室を借り、そこへ手作りのステージをこさえての、
慎ましいばかりのものだったが
友達やら仲間の知り合いやら、たまたま遊びに来て、
外へ漏れ出る耳馴染みのある音につられて
ふらりと入ってくるカップルに、
ヒステリック・グラマーあたりを着こなした連中やら、
結構な人数(それでも30人ほどだけど…)が集まっていた。
僕は焼き鳥とビールを小脇に置き、
一番前でしっかり観ていた。

今も、楽しそうに歌うMさんの顔が頭に浮かぶ。
それを目にして、僕は実感した…
音楽は決して、大きなホールのうんと離れた席に立ち、
大型ディスプレイでその様子を眺めながら、
臨場感を補完することに努めるだけのものではなく、
手を伸ばせばすぐに触れることのできる、
ずっと身近な場所にあるものでもあるんだなあと。

自分が観たコンサートの中でも、
あの曲をやってる時の雰囲気は、
未だに心にしっかりと焼きついている。
確かに心底幸せな瞬間のひとつだった。

神奈川のUHFの番組に出演したり、
椎名林檎のアルバムに参加した人とバンドをやってたOさん、
今どうしているだろうか?
ああいう時間を忘れてはいけないなと、
久々に「ヒゲとボイン」を聴いて思った…いい曲です。


【参考】ユニコーン - Wikipedia (ja)


posted by garni at 13:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | Pop/Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおっ!民生君!じゃないですか!
ワシも浪人生の頃、PV流しっぱなしの千葉テレビで
大迷惑のPVをよく見ていましたYo〜♪
ワシにとっても青春真っ只中の曲達ですわぁ!!
高校のとき、お友達バンドが大迷惑のコピーをしていましたが
あの曲のドラムはキツイですよねぇ〜。
前半は何とか乗り切れるのですが
後半になってくると腕力が待ちません・・・。
同様の事がカラオケで歌っても起こります・・・。

ユニコーンの曲は、10年以上たった今聴いても
十分にナイスですわぁ^^)。
Posted by a-tekichi at 2007年03月24日 05:44
>あてきちさん
久々に聴き返してみましたが、
思ってたより速い曲ですね…これは難しい。

サビのボーカル部分も、
メロディが裏から入ってるし…(;´Д`)
手嶋いさむさんのギターソロも、
なぜかライトハンドやってるし…

手嶋氏といえば『服部』では、
「デーゲーム」もビートルズっぽくて好きでした。
ちょっと聴くと民生風なのも意外でイイです。
Posted by garni at 2007年03月24日 23:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。