2007年04月04日

明日に架ける橋

photo
明日に架ける橋
サイモン&ガーファンクル
Sony Music Direct 2003-12-17
曲名リスト
  1. 明日に架ける橋
  2. コンドルは飛んで行く
  3. いとしのセシリア
  4. キープ・ザ・カスタマー・サティスファイド(ご機嫌いかが)
  5. フランク・ロイド・ライトに捧げる歌
  6. ボクサー
  7. ベイビー・ドライバー
  8. ニューヨークの少年
  9. 手紙が欲しい
  10. バイ・バイ・ラブ
  11. ソング・フォー・ジ・アスキング
  12. 木の葉は落ちて(デモ)
  13. 明日に架ける橋(デモ テイク6)

by G-Tools , 2007/04/04


最近、ホンダのクロスロードのCMで頻りに耳にする、
#3「Cecilia」(歌詞)のアレンジバージョンのせいか、気がつくと

Celia, you're breaking my heart
You're shaking my confidence daily
Oh, cecilia, I'm down on my knees
I'm begging you please to come home


の節が頭の中でリピートされている。

そういえば、千葉駅を出てから繁華街へと向かう途中、
バス停の近くに小さな広場のようなところがあって
そこで数年前、休日になるとアンデス地方の人なのか、
ミュージシャンらしき人がケーナで
#2「コンドルは飛んで行く」を演奏しているのを何度か見た。
後に競馬でエルコンドルパサーという馬が活躍してた頃、
名前を見てなぜかニヤッとしてしまった…強い馬でしたね。

音楽にも、誰かが「凄い」というから、
「これは凄いもの」と意識しながら聴く事は割とある。
けれど、サイモンとガーファンクルの音楽は、
初めて聴いた時からそういう次元を明らかに超えていた。
しかも、リリースされた作品数こそ多くはないが、
どのアルバムにも必ず心を奪われるような、
素敵な名曲があるというのもびっくりだった。
天才、ってこういう人たちのことを言うのかと率直に感じた…

#1「明日に架ける橋」(歌詞)は、
彼らの作品の中でも特に印象深い曲のひとつ。
どこかで偶然にも、この曲のピアノのイントロが流れ、
その瞬間「!」と固まったことがある…
これは、打ちひしがれた友人に優しく語りかける曲。



Simon & Garfunkel - Bridge over troubled water

上の動画では3番を前にしてキーが半音上がり、
オリジナルと同じ調になる。思わず「おぉ…」と声が出た。

ネット上でよくネタにされている、
「スラムダンク」における安西先生の、
「あきらめたらそこで試合終了だよ」と声をかける場面…
改めて聴いてみて、なぜかあのシーンが頭に浮かんだ。
聴いた後は、耳にする前よりも前向きな気持ちになれている。
自分自身がどこか「麻痺」してしまった、と自覚した時にこそ、
「明日に〜」を聴くことには大きな意味が生まれるのかもしれません。


【参考】All Music Guide:Bridge Over Troubled Water
【参考】サイモン&ガーファンクル - Wikipedia (ja)

【関連記事】America


posted by garni at 00:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | Pop/Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて買ったシングルレコード「アメリカ」
中1だったかな?

グレイハウンドに興味を持って県立図書館で調べたのは高1の頃。「99ドル99日間の旅」ってので有名だった米国のバス。
Posted by kiku at 2007年04月08日 21:35
>きくさん
スティーブン・キングの小説にも出てきてたなあ。
「でっかい灰色ワン公」って訳に笑ったw
Posted by garni at 2007年04月08日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。