2007年05月05日

ステーショナリーの思い出

Yahoo! - フジサンケイ ビジネスアイ [5月5日8時32分] 「におい付き消しゴム」が1位 小学1年生の親、思い出の文房具 調査は4月に小学1年生を迎える子どもの両親1032人を対象に3月14〜25日、インターネットで行った。 思い出の文房具で「におい付き消しゴム」と回答した人は32・4%だった。その理由として、「友達と交換したりコレクションしていた」(30代女性)、「カレーやクッキーの香りなど、おなかが減るとにおいをかいでいた」(20代女性)などが挙げられた。


子供はいませんが…ここで回答している方々より、
少し年下の小生の思い出の文房具をちょっと振り返ってみる
とっくに無くしてしまったものばかりで、
画像が張れないのが心苦しいですが。

まずは懐かしの、とんねるずの木梨憲武が演じた
「仮面ノリダー」の缶ペンケース。
黒と銀を基調としたデザインで、
フタにイラストのノリダーが描かれている。
開けると中にもフタがあって、上は定規や消しゴム、
下は鉛筆やボールペン類を入れて使っていた。
近所の文具屋で買った記憶があるが、
にしても、「芸能人のグッズの店」という響きも隔世の感…

次はドラクエ下敷き…IVのやつだった。
貰い物だったが意外に頑丈で、中学まで使っていたと思う
(下敷きは安いやつだとすぐ端からはがれるんですよね…)
裏にキャラクターごとの使用可能な呪文が書かれていて、
ゲームの攻略にも使えるという便利な代物でした。

そして、「ハイスクール!奇面組」の下敷き。
これは僕が持っていたものではなく、
後ろの席の奴が使っていたものなんですが…
見ていて羨ましかったのでよく覚えています(汗)
裏側に性格診断ゲームのようなものがあって、
休み時間なんかにちょっとやってみたりしてました。

最後に、六角柱型の野球消しゴム。
セ・リーグの代表的な選手がケースに描かれていた。
その6つの面にはそれぞれ「三振」「ホームラン」
「内野ゴロ」なんて風なことが書いてあり、
サイコロのように転がして遊ぶことが出来た…
ただ、消しゴムとして使うには扱いにくかった覚えが…

これ以外にも面白い文具は色々ありました…
こうして書いてみると忘れているようで、
意外と出てくるものだなあ。


【関連記事】けしごむに遊ぶ


タグ:文房具
posted by garni at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。