2008年01月08日

裸祭りポスター

Yahoo! - 毎日 [1月8日 2時32分] <裸祭りポスター>JR東が「待った」…女性が不快感 岩手県奥州市の黒石(こくせき)寺で繰り広げられる伝統行事、蘇民祭(そみんさい)の観光ポスターを市が駅構内に掲示しようとしたところ、JR東日本から待ったがかかった。「男性の裸に不快感を覚える客が多い」というのが理由だ。数十年作製しているポスターの掲示拒否は初めてで、市は枚数を200枚減らして1400枚とし、駅で張れない分は市内や首都圏で張るという。


何が問題なのか気になったので、ポスターを確認した(写真)。

…すいません、構図に思わず吹いてしまった。
だってこれはあまりにも…いや、言葉を選ばないと…とにかく、
男性の裸に不快感を覚える云々は建前じゃないのかな、
という感じがしたものの、確かに何か…うーん。
正直、不気味なアングルだよな…でも笑ってしまうなあ。

先ほど報ステでもこのニュースが取り上げられていて、
左下にアップで写ってる男性が電話インタビューで
「ヒゲとか胸毛がセクハラだって批判もありますけど、
自分は両親のくれたこの体に感謝してます!」と憤っていた。
また、市の担当の人は「確かに…これまでのと比べて、
今年のはインパクトが強いという気は…」とおずおず語っていた。

こうしてみると、セクハラだの…という、
妙に遠回しな表現が却って話をこじれさせてるような気がする。
個人的には不快というより…なんというか、
裸祭りというテーマや、モデルの男性のせいではなくて…、
このポスターに限ってのNGなのは確かだから…。

ぶっちゃけ、なんだかホモビデオのジャケみたいなデザインだと…。
というか、それが真のダメな理由じゃないのかってことだろうと。

ちなみに蘇民祭は複数存在し、
全裸が許されるのは黒石寺の蘇民祭のみだったが、
2006年以降は全裸禁止になった…とWikipediaにあった。

まあ、結局は主観の問題かもしれないけど、
やっぱりこの構成がどうもそれっぽく見えるのは、
自分が多田野スレをつい眺めてしまっているせいなのだろうか…。


1/10追記:
Yahoo! - 毎日 [1月10日 20時2分] <雑記帳>JR東が拒否した「胸毛ポスター」に人気 岩手 「胸毛がセクハラ」とJR東日本が掲示を拒否した岩手県奥州市の黒石寺蘇民祭(こくせきじそみんさい)のポスターの人気が急上昇。報道を受けて市に注文が殺到し、市職員は発送作業に追われている。


今回の騒ぎは逆に良いPRになったようです。
これは、JRが危惧するような「不快感」を覚える人なんて、
実際はずっと少なかったって事ですかね…しかし何度見ても笑う…。
なお、趣味的な申し出はお断りする、とのこと。


【参考】裸祭り - Wikipedia (ja)
posted by garni at 23:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜む、確かにワイルドですなぁ。。
でも、こういうアングラな匂いがするものを
見慣れてしまっているためか、違和感は感じませんなぁ。。。

数年前まではスッポンポンOKだったとは、こりゃタマラン!
あんまり宣伝しないで、「秘密祭り」としておいたほうが
かえって面白みが増すんですけどねぇ〜。

なんだかんだ言っても、アッシも祭りを見てみたいですわぁ。。。
Posted by a-tekichi at 2008年01月26日 18:12
>>アテ吉さん
記事書いてから、20日も間が空いてしまいました(汗)
まだ超スローペース癖が抜けてないのかな…。

プロレスの興行のポスターっぽくもありますね。
確かにアングラ臭がします…、
実際の祭りはどんな雰囲気なんでしょう。
いい加減にやってたらさば折り喰らわされたりして…。
Posted by garni at 2008年01月29日 05:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。