2008年01月29日

明けの明星が輝く時、

excite Bit [01月25日 10時00分] モロボシ・ダンこと森次晃嗣さんがCDアルバムをリリース ここで注目なのは、アルバムには森次さん自身が歌う「ウルトラセブンの歌」が収録されていること。シャンソン・バージョン向けにアレンジされたというこの楽曲。森次さんがセブンの歌を歌いCD化(レコード化も含め)したのはウルトラセブン41年の歴史で初とのことで、なんとも貴重なCD内容となっている。


モロボシダンと聞いて割と印象に残っているのは、
ウルトラマンのハヤタ隊員と比べて劇中、
心の中で呟くシーンが多かったこと…例えば、

"ノンマルト…僕の故郷M78星雲では、
地球人のことをノンマルトと呼んでいる。
ノンマルトは人間のことである。それはどういう意味だろうか。
人間でないノンマルトがいると言うのか?"


などなど。とにかく森次さんの声はかっこよかった。
セブンの「デヤーーーッ!」や「ジュワッ!」というかけ声だって、
もし別の人の吹き替えになっていたら
ダン=セブンのイメージが弱まってしまって、
最終回を観てもそこまで感動しなかったかもしれない。

CDアルバム『ジョリーシャポー 〜悠久(とき)〜』の販売はバンダイネットワークス「LaLaBit Market」を皮切りに、今後はイベントや専門店での販売も展開していく考えだという。

「ウルトラセブンの歌」(歌詞)は今聴いても元気になるし、
この曲を森次さんが歌うバージョンで聴けるのは素直に楽しみ。

ジョージアのCMでセブンが麻雀を打っているのには戸惑ったが…、
メトロン星人の声をあてた故・中江真司さんが、
羽根セブンのCMでナレーションをしてたのを思えばアリなのかな。

話はそれますが、以前アンヌ隊員のブログで見かけた話で
ずっと消息不明状態だったウルトラマンの中の人、
アマギ隊員こと古谷敏さんが元気だったのは嬉しかったですね。

あとは…今残った人達が元気なうちに、
12話がきちんとした形で出てくれることを祈ります。


【参考】森次晃嗣公式サイト
【参考】ULTRA SEVEN CRAZY FAN BOOK
【参考】冬木透の宇宙

【関連記事】さらば、ソガ隊員
【関連する記事】
posted by garni at 21:04 | Comment(3) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれっ?古谷さんって、役者もやってたんだ〜。

って、「古谷敏さん]と「古谷三敏さん」をゴッチャに覚えていたのは
ワシだけ・・・??笑)。

Posted by a-tekichi at 2008年02月05日 16:52
古谷三敏ってダメおやじの?

ふるやと聞いて目をキラッキラさせながら
「とうちゃん!」って言う声が聞こえてくるのは
わたしだけディスカ?

お〜も〜い〜〜コンダ〜ラァ〜♪
Posted by kiku at 2008年02月07日 21:46
>>アテ吉さん
そういえば一文字入るか入らないかの違いでした、
気がつかなかった…。

古谷三敏作品といえば、
親が借りてきたレモンハートという漫画を読んでいて、
まだ飲めもしない子供の頃だったのに、
妙に知識がついちゃったりしてました。

>>kikuさん
それはある…大リーグボール三号だ!

古谷徹氏ってウルトラQに子役で出てたんだよ。
ガラモンの回だったかなあ。
セリフはなかった気がするけど、顔に面影がw
Posted by garni at 2008年02月10日 19:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。