2008年02月16日

ハンセン、来日

Yahoo! - スポーツナビ [2008年2月15日] “不沈艦”スタン・ハンセン、おなじみのテキサススタイルで来日=2.16IGF 2.16IGFプロレスリング「GENOME3 〜猪木Memorial65〜」(東京・有明コロシアム)の開催を目前に控えた14日、同大会に参戦する外国人選手や立会人が続々と成田空港に降り立った。 なかでも一際目を引いたのが、特別立会人を務める“不沈艦”スタン・ハンセン。トレードマークのテンガロンハットをかぶり、半袖シャツのテキサススタイルで来日した。また、到着ロビーにモンターニャ・シウバ、ダニー・イグアスのIBM(イノキ・ブラジル・モンスター軍)が現れると、到着ロビーは騒然となった。


スタン・ハンセンという男の名を聞けば、
真っ先にロープをぶん回しながら花道をドカドカ猛進してくる姿と、
「サンライズ」が頭の中を駆けめぐる。

試合中はもう、イスは放り投げるわゴング前にラリアットかますわ、
とにかく猛牛と呼ぶに相応しい血の気の多いスタイルながら、
一度リングを降りれば気の良いオヤジの表情に変わるとこが良い。

決して叶わぬ願いだけれど、
ブルーザー・ブロディとのタッグをもっと観たかったなあ。
二人とも体はデカイのに、本当にうまいレスラーだった…。
しかし、こうしてハンセンの元気な様子を見ると、
既にプロレスに熱心ではなくなった今でも何だか嬉しくなる。



スペクトラム - サンライズ

これを耳にすると、日曜深夜に眠い目をこすりながらテレビで観た、
まさしくウェスタン・ラリアットのサインである、
あのサポーターをたくし上げる姿に息を飲んだ中学時代を思い出す。

実際の入場で使用される同曲は、
ケニー・ロジャースの「君に夢中」という歌のイントロから始まり、
ドーン!と「サンライズ」にチェンジする展開が実にかっこよかった。

余談ですが、任天堂からWiiが出た時、
すぐさま某掲示板の該当スレッドで、
ハンセンのAAを探したのは僕だけではなかったはず…。


【2ch】“不沈艦”スタン・ハンセンがおなじみのテキサススタイルで来日
posted by garni at 03:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ/格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へぇ〜〜♪サンライズってスペクトラムの曲だったんですねぇ〜。今更ながら初めて知りました^^;)。

スペクトラムのリーダー「新田一郎」さんが書いた吹奏楽の本を中学生のころ読んだ事があります。
ひじょ〜にわかりやすく、親しみが持てる文章で、感銘を受けちゃいましたなぁ。。

スペクトラムの「黒い炎」はカッコいかったなぁ〜。
原版はコレかな?
http://www.youtube.com/watch?v=dgUv6YlbMbw
Posted by a-tekichi at 2008年02月21日 09:15
>>アテ吉さん
お疲れ様です、ご無理されませんよう…。

スペクトラムって思った以上に期間が短かったんですね。
もっと長く活動していたと思ってました。
ちょっと勿体ない気が…。
今はアレンジャーをされてるのかな?

おー、チェイスですね。
唐突にテーテーテレレレ〜♪
で終わるとこがなんか好きだったりします…、
やっぱりブラスロックは華々しさがあるなあ。
Posted by garni at 2008年02月22日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。