2008年03月01日

ねこぢるまんじゅう

photo
ねこぢるまんじゅう (文春文庫PLUS)
ねこぢる
文芸春秋 2001-08

by G-Tools , 2008/03/01


もう、彼女が死んで今年で10年になるとは。

ねこぢるの漫画は大体、退廃的で渇いていて、
彼岸と此岸を行き来するような、
幻惑的な空間に誘い込まれる作風のものが殆どで、
まさに夢の中にいるような感覚に陥る。
何か不整合なものが、見えるようで見えなくて、
具体的に何に違和感を感じているのかがわからないまま、
段々そんなこともどうでもよくなってくるという…。

読んだ後に沈み込みそうになることもあるし、
あのヘタウマなタッチに救われてなのか、
倦怠感のようなものから浮かび上がれる場合もある。
同じように絵柄とかけ離れたグロシーンがあるにしても、
ネットで以前人気だったHappy Tree Friendsより怪しい。

この「ねこぢるまんじゅう」の持つ愛らしさ、
温もりというのはねこぢる作品にしては異端だと思うけど、
それが逆に自分には衝撃でもあって、
今でも時々手にとってみたくなる漫画になっている。
連載されていたのが小学館だったからという影響もあるのか、
ここには、つるつるうどん的なものは存在してなく、
ねこぢるにしてはサビ抜きという感もあるかもしれない。

それでも「らしさ」はちゃんとあって、
日常の何気ない会話の中でちょいちょい出てくる、
いわば蛇足のような本筋からよそ見した言葉の…、
そのやり取りの混ざり具合が妙にリアルだったりする。

主人公は、しろ太とくろ太という二匹のネコ。
小学校の入学式に行ったものの自分達がネコであり、
人間のようには暮らせないことがわかった(?)二匹は、
育ててくれたじーちゃんの死後、母親を探す旅に出る。

黒「ねーお母さんをさがしに行こーよ」
白「えっお母さん!?」
黒「きっとどこかにお母さんがいるはずだよ」
白「そりゃまーオレ達だって水たまりから
涌いてきたわけじゃないだろーからなー」

二匹はにゃーこよりは幼いが、にゃっ太よりは年長らしい。
しろ太はへそ曲がりで、くろ太は素直である。

白「オレたちゃ猫だぞ
だったらお母さんも猫に決まってんだろ」
黒「あっ そっか!!」
白「やっぱドーブツだからなー…ホットケーキはおろか
言葉もしゃべれないかもしんないぞ」
黒「えー!?」

「ねこぢるまんじゅう」が面白いのは、
他作品と比べてちょっとしたセリフに説得力があったり、
すんなり入ってくる言葉が多いせいもある。

黒「ねーこのお金あげよーよ
この子のお母さんが入院できるよーにさ」
白「あーん?だめだっ」
黒「えーなんだよケチッ
こんなにあっても使い切れないだろー」
白「そーじゃねー…ひとにムヤミにお金をやるのは
いけない事だって言ってんだよ」
黒「ふーん変なの…」

結局この漫画は明確なエンディングもなく、
二匹が毒キノコの幻覚にはまっている様子を、
じーちゃんの幽霊が気にかけている場面で終わる。

どんなに読みたくても、この話の続きは誰にも、
もちろん山野一だけでも描けないものだろうから、
二匹がそれからどうなったか…?というのは、
読んだ人がそれぞれ妄想するしかない。

しろ太の人形

だいぶ前、妹から貰ったしろ太の人形。
くろ太もあったはずだが紛失…うぅ。
座りが安定しないので、どこかに立てかけないといけない。
確か、お菓子のオマケだったかと思う。


【参考】ねこぢる - Wikipedia (ja)


posted by garni at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画/アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。