2009年06月06日

三人祭の曲をマーティが絶賛

マーティ・フリードマンの異国同音 - 47NEWS
リスペクトするしかない! 三人祭の『チュッ!夏パ〜ティ』
『ウエスト・サイド・ストーリー』にあるようなトリッキーなフレーズ。それが曲の邪魔になってたら全然良くないじゃん。でもトリッキーなフレーズをいっぱい入れて、さらにいい曲になってるからダブルパンチ! ミュージシャンとして聴いたら、これは信じられないほど天才だと思う。

ということで…特に意識したことがなかったので、
改めて「チュッ!夏パ〜ティ」を聴いてみることに。

三人祭 - チュッ!夏パ〜ティ
三人祭 - チュッ!夏パ〜ティ

いかにもつんくっぽいというか、ハロプロ的な感じです。
「夏」つながりということで、
イントロでパロディにしているのは「Vacation」。

コニー・フランシス Vacation ヴァケーション
コニー・フランシス Vacation ヴァケーション

しかし実際に「夏パーティ」をちゃんと聴いてみると、
予測のつかない細かなリズムの応酬で、かなり頭が混乱した。

とにかく、オカズが変則的に入っていて捉えどころがない。
メロディとか曲の雰囲気は全体として統一されているのに、
バックのあらゆるパートがフィルインに使われているからか、
3分弱という再生時間の中とはいえ情報量が凄く多い印象。

マーティの言う通り、相当複雑なアレンジだと思います。
しかし「夏の海は〜♪」のサビは耳に残るという凄まじさ…。
これがもし「リズム天国ゴールド」に収録されていたら、
あまりの高難度でDSを放りだすレベルです。

「リズム天国ゴールド」といえば、つんくのインタビューに、
日本人のリズム感を良くしたいという思いがあった、
というような話が書かれていたのを思い出しました。

確かに去年ずっとプレイしていて、
例えばオバケのバンドがキメのフレーズだけ延々やるアレとか…
そんなに難しくなさそうで、実際やってみるとどうもズレる。

しかし何度かプレイしているとだんだん慣れてきて、
そのリズムにも乗れるようになってくる。
再三のダメ出しが金縁になるプロセスが結構面白かったり…、
なんだか「夏パーティ」を聴いていて共通した感覚を覚えました。

そういえば昔バンドをやっていた頃、
ドラムの人が『プッチモニの「ちょこっとLOVE」は好きだけど、
試しにあれに合わせてドラム叩いたら意外に難しかった』
なんて言ってたっけなあ…今振り返ってみると、
なかなかハッとさせられる思い出話です。


【参考】Touch-DS.jp - 社長が訊く 『リズム天国ゴールド』
posted by garni at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | HR/HM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。