2006年12月04日

Diary of a Madman

photo
Diary of a Madman
Ozzy Osbourne
Sony 2002-04-02
曲名リスト
  1. Over The Mountain
  2. Flying High Again
  3. You Can't Kill Rock And Roll
  4. Believer
  5. Little Dolls
  6. Tonight
  7. S.A.T.O.
  8. Diary Of A Madman
  9. I Don't Know (Live)

by G-Tools , 2006/12/04


Ozzy Osbourneの2ndにして
25歳の若さで飛行機事故で急逝したスーパーギタリスト、
Randy Rhoadsの遺作『Diary of a Madman』

RandyのMXR Distortion+を使った荒々しいトーンは
どうも個人的には若干耳にキツイ感じで
あんまり好きではないけれど、アコギを使用した曲…
例えば母親に捧げた「Dee」は本当に素晴らしいし、
いつ聴いてもしんみりさせられる。

このアルバムの曲が1stに比べて重く感じられるのは、
Randyの生前最後のアルバムというだけでなく
最後に来るタイトル曲「Diary of a Madman」が非常にダークで、
また寒気がするような美しい曲だからかもしれない。

特筆すべき冒頭のアコギ部分を、
'97年5月号のギター・マガジンに載っていた
元スーパー・ジャンキー・モンキーのギタリスト、
KEIKOさんのコラムを参考にしてPower Tab Editorを使用し
ちょこっとだけTab譜にしてみました。

diary_of_a_madman.jpg

このフレーズが実に奇怪かつ魅力的で
まさにそのものずばり、Madな空間を作り出しており
初めて聴いた瞬間、鳥肌が立ったのを覚えています
アグレッシブなソロよりむしろこうした部分で、
Randyの凄さを思い知らされたような気がした。

その後のDoorsの「Spanish Caravan」を連想させるリフといい
Ozzyの気持ち悪いボーカルといい、かなり薄気味悪く
他のどの曲とも違う、異端の香りがぷんぷんと…

オジーのソロ作は基本的に明快なハードロック的サウンド、
というイメージがずっと強かったせいもあるかもしれない。
これはサバス並のドス黒い魔力に充ち満ちている気がする

さらに押し寄せるストリングスがずんずんと煽る中で、
強烈なリフとのたうち回るようなハードなソロが響き
Madman(っていうかオジー)の呻きと共に曲は終わる…

うーん…本当に、彼の曲をもっと聴いてみたかった!
Ozzyの作品で、自分が聴いた中では一番の名曲だと思います
本音ではリニューアル前の本作をお薦めしたいですが…
余韻に浸るならボーナストラックは聴かない方がいいかも?


【動画】FUNNy Ozzy Osbourne Diary Of A Madman
非公式なもので音も悪いですが、気味の悪さが素晴らしい

【関連サイト】Randy Rhoads Talk

【PR】トリビュート ランディ・ローズに捧ぐ
【PR】ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説
posted by garni at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | HR/HM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。