2006年11月21日

Take the Power Back

photo
Rage Against the Machine
Rage Against The Machine
Sony International 1992-11-10
曲名リスト
  1. Bombtrack
  2. Killing in the Name
  3. Take the Power Back
  4. Settle for Nothing
  5. Bullet in the Head
  6. Know Your Enemy
  7. Wake Up
  8. Fistful of Steel
  9. Township Rebellion
  10. Freedom

by G-Tools , 2006/11/21


もし、米国がイラク戦争を開始した直後に
このアルバムが出ていたとしたら、
その評価もまた違ったものになっていたかもしれません。

『Rage Against The Machine』が出たのは92年…
Rageもまた、当時盛り上がってきつつあったヒップホップや
ハードロック、メタルといったジャンルを飛び越えて
よりヘヴィでシリアスなスタイルを指向したバンドでしたが、
そういった中でも最も政治色の濃いグループだった

音楽的にはTom Morelloの特異なギター奏法…
例えば演奏中にシールドを引っこ抜いてピックアップに当て、
そのノイズをワウペダルでコントロールしたり
ピックの代わりにレンチで弦をこすってみたりと
凡そロック・ギターらしからぬ演奏を繰り広げる姿が、
目を、そして耳を引いた。

そんな訳で、この1stに収録されている
#3「Take the Power Back」(歌詞)は彼ら、というか、
Tomのスタイルからすると稀少なナンバーかもしれない

2nd以降ではまず聴かれなくなったTimの重いチョッパーに、
Tomのシャープなリフがザクザクと切り込む。
そこへZackの独特の甲高い声による激しいラップが乗る

Rage Against the Machine Take The Power Back Live 93
Rage Against the Machine Take The Power Back Live 93

We need a movement with a quickness
You are the witness of change
And to counteract
We gotta take the power back

Yeah, we gotta take the power back
Come on, come on!
We gotta take the power back


他の曲もそうだがサビの爆発力という部分から考えると、
正直この1stの楽曲が一番エネルギッシュな気がする。
特に「Take the Power Back」の曲調はドラマチックで、
次々とリフが変容していき、そのどれもが凄い。

更にRageの曲では唯一Tom Morelloがオーソドックスながら、
エモーショナルな素晴らしいソロを披露している事を考えても
これ以降こうした曲がなくなってしまったのは寂しかった。
特に2ndは個人的には曲の構成がシンプル過ぎて、
出し惜しみしているようにすら感じてしまった。

ちなみにジャケットの写真ですが、
Wikipediaのベトナム戦争の項目から引用すると
1960年代に入ると、自らが熱心なカトリック教徒であり、それ以外の宗教に対し抑圧的な政策を推し進めたゴ・ディン・ジェム政権に対し、南ベトナムの人口の多くを占める仏教徒による抗議行動が活発化した。1963年6月には、仏教徒に対する抑圧を世界に知らしめるべく事前にマスコミに対して告知をした上でサイゴン市内で焼身自殺をしたティック・クアン・ドック師の姿が全世界にテレビを通じて流され、大きな衝撃を生んだ。なお、ゴ・ディン・ヌー秘密警察長官の妻で、その不敵な態度から「ドラゴン・レディ」とあだ名されたマダム・ヌーが、アメリカのテレビのインタビュー中にクアン・ドック師の焼身自殺を「人間バーベキュー」と呼び、これに怒ったケネディ大統領が1963年11月のクーデターを即決したと言われている。
とのことで、昔やったテレビのドキュメンタリーで
燃えさかる炎に包まれながら読経するお坊さんの姿を見た時は
大変大きなショックを受けたものです。
その壮絶な模様を捉えた映像はYouTubeにもありました。

Mooncake - Message From Arecibo
Mooncake - Message From Arecibo

このジャケットも含め、今作は今も記憶に深く刻まれています。
posted by garni at 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grunge/Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。