2006年08月15日

Superunknown

photo
Superunknown
Soundgarden
A&M 1994-03-08
曲名リスト
  1. Let Me Drown
  2. My Wave
  3. Fell on Black Days
  4. Mailman
  5. Superunknown
  6. Head Down
  7. Black Hole Sun
  8. Spoonman
  9. Limo Wreck
  10. Day I Tried to Live
  11. Kickstand
  12. Fresh Tendrils
  13. 4th of July
  14. Half
  15. Like Suicide

by G-Tools , 2006/08/15


『Superunknown』は彼らの作品の中でも、
飛び抜けてよく聴いていた。

それまでのトレードマークであったヘヴィなサウンドと
彼ら流のポップなメロディが結実した代表作なのは間違いない。

Audioslaveにおける、
多少食い足りなさを感じるChrisの声を聴いてからこれを聴くと
やはり気合という点でSoundgarden時代の彼はピークというか、
その圧倒的カリスマ性を持った歌唱に震えずにはいられない。

初期のおどろおどろしい楽曲の雰囲気から考えると、
彼らは前作、本作と極めて王道的な進化をした風に思うが
ここでは従来のモノクロ感漂う空間的サウンドを維持しつつ
メロディは彼らの作品中最もエモーショナルなものになり、
加えてバネの効いた複雑かつ強固なリフも冴えわたるその姿には
レッド・ツェッペリンすら思い起こさせる
"撓る"ようなグルーブを体感させられる。

そういう意味では「ハードロックアルバム」なのかなあ。

余談ですが、結構好きなのが「Half」。
この曲のChrisの歌いっぷりはまるでRobert Plantのよう。
何だか『III』あたりに入っていそうです。


【動画1】Fell On Black Days
【動画2】Black Hole Sun
【動画3】The Day I Tried To Live

【参考1】Wikipedia サウンドガーデン 1984年、シアトルを拠点として活動を始める。後にブームとなるグランジミュージックの先駆けとなるバンド。 メタルロックとも後にジャンルとして確立されたオルタナティヴロックとも取れる両者の特徴を持った攻撃的かつうねりの激しいギターサウンド、重低音の利いたベース・ドラムのリズム隊、そして高音、低音と使い分けるエモーショナルなヴォーカルが特徴。

【参考2】Louder Than Melvins
タグ:Soundgarden ROCK
posted by garni at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Grunge/Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。