2009年06月25日

フィル・スペクターが収監される

Techinsight » 【イタすぎるセレブ達】
ビートルズの名アルバム “Let It Be.” を世に放ち、数多くのヒット曲を手掛けた大物プロデューサー、フィル・スペクター(69)が、22日より刑務所生活を始めている。長年のリッチ・セレブ感覚から服役囚へ。いったいどのような日々を送ることになるのであろうか。
フィル・スペクターが逮捕されたのは以前目にしましたが、
初めて記事の中にある写真を見てびっくりしました。
ある意味スライ・ストーンより凄い鳥の巣のようなカツラ姿、
なんか…こういうオッサンだったんですね…。

個人的に「Let It Be」でここ最近よくリピートしているのが、
オープニングの「Two of Us」


The Beatles: Two of Us

これまたいつ聴いても不思議な歌です。
ビートルズはもちろんどの時期でも凄いですが、
音の色彩の面ではやっぱり「ラバーソウル」以降が好きです。

翻ってフィル氏に話を戻すと…例の事件の話を知った時は、
アーティスト特有の奇癖が招いた痛ましい事件という印象でしたが、
刑務所暮らしとはいえ彼はMr.ウォール・オブ・サウンドですから、
臭い飯とは無縁のゴージャスな環境のようで、
しかしその独房は、有名人などを含む特別な配慮を必要とする人々のためのものであると、妻レイチェルさんは「LAタイムズ」の取材に答えた。また、リクエスト・カードにテレビ、iPod他、音楽関係のものをあれこれ差し入れてくれるよう書いてきたといい、E-mailのやりとりが出来るよう要望している所だという。
とあり、監獄ポップをプロデュース、なんてこともあるかも…。

そういえば、大瀧詠一って最近何してるんだろう?
気がつくとラジオに出てたりしますが。。


【参考】フィル・スペクター - Wikipedia
posted by garni at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pop/Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。