2007年01月14日

Michael Brecker、死去

スポニチ [1月14日10時46分] 米テナー奏者M・ブレッカー氏死去 米ジャズ・テナーサックス奏者マイケル・ブレッカー氏が、AP通信によると13日、白血病のためニューヨークで死去した。57歳。1949年、ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。トランペット奏者の兄ランディとバンド「ブレッカー・ブラザーズ」を、ベース奏者エディ・ゴメスらと「ステップス・アヘッド」を結成。ピアノ奏者ハービー・ハンコックやギター奏者パット・メセニーら著名ミュージシャンと数多くのレコードを制作し、グラミー賞を11回受賞した。 (共同)




Brecker Brothers Some Skunk Funk

Michael Breckerが白血病で闘病中、という話は
以前、本田美奈子さんの訃報があった時に
某掲示板でたまたま出ていて知り、凄いショックを受けた。
去年の前半頃には順調に回復しているというニュースもあったので、
本当に残念です、というか喪失感で…ちょっと言葉が出てこない。

photo
ヘヴィ・メタル・ビ・バップ
ブレッカー・ブラザーズ ランディ・ブレッカー マイケル・ブレッカー
BMG JAPAN 2005-10-26
曲名リスト
  1. イースト・リヴァー
  2. インサイド・アウト
  3. サム・スカンク・ファンク
  4. スポンジ
  5. ファンキー・シー,ファンキー・デュー
  6. スクイッズ

by G-Tools , 2007/01/14


今日という日に今作を改めて聴いてみると、
Michael Breckerの物凄さに初めて触れた日の事を思い出す
特にこのライブ盤での#3「Some Skunk Funk」は、
スタジオ盤を遥かに凌駕したテンションで、
いつ聴いても身震いがするし、疲れているときは力が湧いてくる。

Michaelのテクニカルなテナーに負けじと、
超絶ドラマーTerry Bozzioもバンドを煽るような激しいプレイを
ビシバシと決め、Michaelもこれ以上ないという程パワフルに応じる。
…何しろ中間部のブロウ一発!!これだけで眩暈がするような演奏。
本当にエネルギッシュで、最高のパフォーマンスだと思う。
そして#5「Funky Sea, Funky Dew」…また切なくなってきた。

ご冥福をお祈りします。


【参考】All Music Guide:Michael Brecker
posted by garni at 18:54 | Comment(2) | TrackBack(1) | Jazz/Fusion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。