2006年11月05日

Grand Wazoo

photo
The Grand Wazoo
Frank Zappa
Video Arts 1995-05-16
曲名リスト
  1. For Calvin
  2. Grand Wazoo
  3. Cletus Awreetus-Awrightus
  4. Eat That Question
  5. Blessed Relief

by G-Tools , 2006/11/05


Zappaは生前、
自身の作曲スタイルについてこう述懐していたという

「自分はメインの楽器としてギターを選んだ作曲家だと思っている。ピアノに対するギターの技術的な限界のために(例えば、復音その他の点で)俺の作品は、ギターへの関心によって決定づけられている。したがって、他の楽器じゃ、演奏は困難になっている。頭の中で音楽が鳴ったら、大抵それはギターをベースにした音楽、たわみとか、そういうやつだ。」

エレクトリックビッグバンドジャズとでもいうべき本作は、
全体の構成はタイトル曲を中心とした5曲からなっており
演奏は前作『Waka/Jawaka』に続き、
George DukeAynsley DunbarといったFlo&Eddie期からの
メンバーを含めた総勢20人近いGrand Wazoo Orchestraによる

架空の歴史物語風のライナーがついており、
このストーリーに基づいた内容だというが
正直意味不明なので(笑)、やはり純粋にその音を楽しむ。
ただ、その珍奇な世界観をイラスト化した
Cal Schenkelのジャケットは本当に素晴らしいと思う。

「Grand Wazoo」での雄大なテーマ部分や
「For Calvin」のスリリングな終幕に続く
「Cletus Awreetus-Awrightus」など、
目まぐるしくも華やかな展開が目白押し。

中でも静かなエレクトリックピアノのソロの後に
雪崩れ込むブラス体の音の壁、Dukeは縦横無尽の大活躍…
そこに絡むFZの要所で珍しくエコーをかます
ワウワウギターソロ…とおいしいところ満載の人気曲
「Eat That Qustion」、そして黄昏どきを思わせる
ノスタルジックなワルツ「Blessed Relief」まで、
もう耳が喜ぶゴージャスな音世界にお腹一杯状態。

何より全編にわたっての、
ブラスセクションの歯切れの良さが満喫できる良作です

Zappa自身のギターはあくまで、
楽曲の構造を担う1パートである事を重視しているようで
印象的なソロは「Eat That Question」と、
ムード溢れる「Blessed Relief」くらいであり、
その代わりというのは何だがとにかくDukeが目立っている。

…と書いたものの、今一度聴き返してみると
「Blessed Relief」のFZのソロは良いなあ。
『Joe's Garage』の「Outside Now」に通じる空気がある

総時間37分という短いアルバムながら、
その濃さは日に何度も聴けないほどだが
名盤『Waka/Jawaka』 と併せてご賞味ください…


【関連記事1】Apostrophe
【関連記事2】Inca Roads
【関連記事3】The Money
【関連記事4】Yellow Shark

【参考1】"Guitarist" ZAPPA Zappaのギターといえば、まず思い浮かべるのは改造ギブソンSGである。このSGで、ディストーションを効かせ、低いポジションでもって弾かれるジャグジャグしたフレーズは、なかなかに快感である。後年になってからは、ストラトキャスターを多く使用していたようである。とっても不思議なアーミングを駆使していた。レスポールなども使っていたようだが、何かのインタビューで「レスポールは重いからいやだ」みたいな発言をしていた。確かに、2〜3時間ものステージ中、Zappaのソロが30分以上もあるのでは、この発言も頷ける。

【参考2】killuglyradio.com
posted by garni at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz/Fusion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。