2007年08月15日

生命の琴線…

photo
Innovator
Derrick May
Transmat 1997-10-28
曲名リスト
  1. "rest"
  2. Strings Of The Strings Of Life
  3. Another Chaos Beyond Chaos
  4. Freestyle
  5. Feel Surreal Begins
  6. Beyond Kaos
  7. Another "rest"
  8. The Dance
  9. A Little Spaced Out
  10. Daymares
  11. It Is What It Is
  12. Beyond The Dance (Cult Mix)
  13. Original Feel Surreal
  14. r-Theme
  1. To Be Or Not To Be
  2. Icon (Montage Mix)
  3. Phantom
  4. A Relic Mix
  5. Kaotic Harmony
  6. More Phantom
  7. Salsa Life
  8. Nude Photo
  9. The Beginning
  10. Another Relic From the Relic
  11. Drama
  12. "Strings"- The Original Mix
  13. Wiggin-Juan Atkins Mix

by G-Tools , 2007/08/15


もう十数年前になりますが、電気グルーヴのファンだった僕は
宝島社から出ていた「テクノボン」という、
テクノ・ミュージックに関する書籍を興味本位で買いました。
再生YMOの『テクノドン』の一年後位だったっけ…懐かしい

内容的には大御所中の大御所クラフトワークから
エイフェックス・ツイン辺りまでの電子音楽の推移を、
石野卓球氏と野田努氏が対談形式で追いかけていくもので
テクノという音楽ジャンルを知ろうとするには、
そんなに読み易い本というわけではなかったけど…
今のようにネットなんて普及していない頃だったし、
多少なりとも知識を深めるのに役立ったかなと。
一時期はこの本に出てきた音楽ばかり聴いていた気がします。
この時期、「テクノ専門学校」ってコンピレーションも出ていた。
もう手放してしまったけど…うぅ

閑話休題。Derrick Mayという人は、
現在はすっかりDJ活動を専業にしているようで。
自身のオリジナルアルバムの発表は、
80年代後半から90年代初頭で止まっている
楽曲については今聴くと流石に懐かしいというか、
ちょっと古臭く聞こえてしまう部分もあるにはある…
しかし、やっぱり何度聴いても美しい音楽だと思うし、
生命感溢れるエレクトロニックミュージックだと改めて感じた

それまでP-FUNKを聴いたりしていたDerrickが、
ある日Juan Atkinsに勧められて耳にした
クラフトワークの「Robots」に大きな衝撃を受けた、
というような話が「テクノボン」の中に出てくるが
それを踏まえると、彼がシンセの音色はもちろん、
『Man Machine』や『Computer World』あたりの作品に顕著な、
クラフトワークの音楽に特有の音の無駄のなさ、
そしてリズムのタイトさに強く着目していたのがわかる。

話は変わって…この前ニコニコ動画で、
久々に「マネーの虎」の映像を観ていて思い出した。
そうそう!「Stringis of the Strings of Life」が、
なぜかオープニングで使用されていた。
当時でも「今この曲?」という感じだったが、
なかなか面白い選曲だよなあと思ったもんでした。

そんなわけで、再びこの人の音楽を猛烈に聴きたくなった。
既に廃盤になってしまったベスト盤『Innovator』は、
Derrick Mayに触れるには最適の内容になっている。
というより、これが90年代後半に出るまで、
手軽に彼の音楽を聴く機会は持てなかった。
これは再販すればいいのになあ…脱線するけど、
個人的に「マネー〜」は今やればまたクルような?
それでこの曲も使って復活…なんてね。無理か

少し話がずれたが、上の「マネーの虎」もあって、
耳馴染みのある人が割といるであろう名曲
「Strings〜」はやはり彼の音楽を語る上で外すことはできない。
これがなかったらハウスもなかったのでは?とすら思う。
Derrick氏が自ら同曲を解説している映像を見つけた



しかし英語が不得手な自分には、
せっかくの話の内容が聞き取れず…うーん、残念。
他の曲に関しても「Strings〜」は勿論、
「The Dance」や「Phantom」のようにテクノだけに限らず
クラブミュージックというカテゴリが定着するにあたっても、
実に多大な貢献を果たしていたことが窺えるように思う。
当時のブームからブニュブニュビヨビヨなTB-303や
リズムマシンのTR-808、TR-909のような、
アナログ・シンセサイザーの音が再び注目されたりもした。

どうでもいいですが、僕はDTMはすぐ諦めたクチです…
音楽もハマりだすと、お金かかりますねえ。


【関連記事】Popcorn

【参考】Derrick May - Wikipedia (ja)
【参考】All Music Guide - Derrick May
posted by garni at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Techno/Dance | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。