2007年05月16日

「オハヨウ」しゃべるスズメ

SANSPO.COM [2007年5月16日] 「いらっしゃい」で歓迎 食料品店の話すスズメ 三重県紀北町の食料品店「中野章吾商店」で保護されているスズメのチビは「いらっしゃい」や「おはよう」など9つの言葉を話し、訪れる人を驚かせている。チビは約6年前、けがをして路上に落ちているのを近所の小学生に助けられ、同商店の中野八重さん(85)に預けられた。動物が好きな八重さんは、傷ついて持ち込まれたスズメなどを介抱しては野生に返してきたが、チビの場合は右足が折れて変形していることから手元に置いている。八重さんが毎朝、世話をしながら「おはよう」と優しく話し掛けていると、半年後ぐらいから突然、チビも「おはよう」とまねるようになった。その後「こんにちは」や「チビちゃん」も覚え、今では話す言葉も9種類に。


さっき報ステで上記のニュース映像を観たのですが
見た目は普通のスズメと変わりません(写真)。
ただ、本当にオウムやインコのように喋る姿が印象的でした。

八重さんの話す方言のイントネーションもそのままにはっきりと発音する。生物言語の研究をしている独立行政法人理化学研究所(埼玉県)の岡ノ谷一夫さんは「スズメのくちばしや舌ではオウムなどほど上手にまねは出来ないはず。愛情のたまものだと思う」としている。

…なんというか、スズメが喋ることに驚くというより、
上の岡ノ谷一夫さんの話にあるように、
おばあちゃんの愛情にこのスズメが応えたように思えて。
まるでむかし話みたいだな…と心が和みました。

話題としては、世間を賑わすいろんなニュースと比べたら
すぐに埋もれてしまうような話題かもしれないが、
こういう話をなるべく忘れないでおきたい気持ちもあって、
自分はブログをやってたりするのかなあと思います


【参考】スズメ - Wikipedia (ja)
posted by garni at 23:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | どうぶつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。