2009年09月02日

改造データとのすれ違いはトラブルの元?

ドラクエ9、データ改造ソフトとのすれ違い通信に警告--宝の地図の確認を
一部のユーザーが、任天堂が許諾していない装置を使って、ゲームデータを不正に改変してプレイしているという。ドラゴンクエストIXでは「すれちがい通信」という機能によって、ほかの人と宝の地図を交換できる。この際、ゲームデータの改変によって入手された宝の地図を受け取り、その地図を使ってプレイすることで、そのユーザーのゲームデータにも影響がでてしまう恐れがあるのだという。
とのこと。
ネット上では発売してすぐに改変ツールが出回ったりしてましたが、
今のところ、通信によって本来手に入らないはずの魔王の地図を貰ったことはないです。

攻略サイトを見る限り、ゾーマやオルゴデミーラといったボスの地図は、
例えばバラモス等に何度も経験値を与えて育てて手に入れる、というものではなく、
今後の追加クエストでのご褒美として貰えるようになっているらしい。

現時点では、ノーマルクエストで入手できるバラモスの地図から始まり、
ムドーの地図→ドルマゲスの地図、という流れと、
宝の地図のボス・復活グレイナルが落とす竜王の地図から、
デスピサロの地図→ミルドラースの地図、という流れまでに限られている。

何で上記のニュースのような問題が起こるのかというと、
そもそも追加クエスト自体は予めソフトの中に含まれてはいるものの、
クエスト解除に関するフラグがロックされていて通常は遊ぶことができず、
Wi-Fi通信により、そのロックが解除されることで遊べるようになっているのだが、
改造ツールはそれを強制的に、最後の追加クエストまでこじ開けることができる。

どうやら、現時点で手に入らない筈の地図を、通常のプレイデータから開くことで、
本来のプレイデータとのフラグの不整合が起こり、トラブルに繋がるらしい。
とはいえ、いちユーザーとしての対策については、
魔王の地図は自力でゲットしましょうとしか言えませんが。。

発売からひと月余り、今や週末にWi-Fiつなぐのが唯一の楽しみになりつつあります。
確かにこれまでのDQとは違う遊び方で、それなりに新鮮味はあるなあと。

でも、誰もが同じ条件でのプレイを可能としていない以上、
ストーリーを進める方法としてあまり親切ではないようにも思います。
環境さえ整っていれば、とても楽しめるものではありますが…。
これはこれでまた、解決して欲しい問題じゃないかとは感じています。
タグ:ドラクエ9
posted by garni at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。