2009年07月11日

ドラクエファンが集う日

『ドラゴンクエストIX』、遂に発売 カウントダウン会場に長蛇の列(オリコン)
ニンテンドーDS用ソフト『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』(スクウェア・エニックス)の発売カウントダウンイベントが11日早朝、東京・SHIBUYA TSUTAYAで行われ、ゲームデザイナーの堀井雄二氏、プロデューサーの市村龍太郎氏も来場。会場には一足早い購入を望むドラクエファンが前日午後1時から行列を作りはじめ、発売開始7時前には長蛇の列。スタッフ、ファン一丸となって国民的ゲームの船出を祝った。
思うに、ドラクエは並んで買いたい、という人たちの殆どは、
おそらくファミコン時代からのファン、つまり大人が多いイメージ。

個人的な印象としては、
5までの作品は予約しないとすぐには手に入らなかった感じで、
6以降はすぐ手に入れたいと思わなくなったせいもあるのか、
予約もせずに発売から数日して電気店に行っても、
売り切れてもいなくてすんなり買うことができたし、
7あたりになると並ぶ行為も既に過去のものになっていた。
ただ、並んで買うということ自体に意味を感じ、
今もその情熱を持っている人たちの気持ちはよくわかります。

ところが僕が近所のコンビニに行くと、そぞろ並んでいたのは、
ドラクエ9の新品の方だった…これは純粋なファンの行列なのか?
現場に行った訳じゃないので何とも言えませんが。

閑話休題、9はネットの情報を見る限り、DSのソフトということ、
発売前から随分ゴタゴタしていること、など、
それまでのドラクエと違って不安の方が大きかったのですが、
いざ買ってやってみると、相変わらず町の入り口には、
「ここは○○」と説明する人がいて、やんちゃな子供がいて、
ミーハーな爺さんや惚れっぽいお嬢さんがいて、
町の首長や王様に頼まれごとをされて、それを引き受けて…と、
お馴染みのドラクエワールドがありました。
また、メニュー画面が直感的に捉えやすいレイアウトになったかも?

う〜ん…でも、やっぱりこの画面の小ささはどうにも辛いです。
なぜだ、4や5といった以前のDSでのリメイク版を、
一通りプレイしていた時には気にならなかったのだが。。

まあ、グラフィックの粗さは言われたほど気にならないものの、
4人連れて歩くとなんだか動きが重かったりする。
あとは…サンディはドラクエ的な世界からやはり浮いてる感じ。
それとも、Creator's Voiceにあるように、
やっているうちに慣れてくるもんなのだろうか?
堀井. 本当にサンディは、レベルファイブさんが期待以上に作り込んでくれましたしね。
納得いくまで何度もデザインを変更したり、細かいところまで手を入れてくれて、
しかもアクションやポーズをたくさん作ってくれましたし。
「いちばん力を入れたのはサンディじゃないの?」と言いたくなるくらい(笑)。
とまあ、少しやって、良い点悪い点両方あるなと思いましたが、
ずっとドラクエを待っていた人は、とりあえず遊んでみては。

ただ、ドラクエの新作はやっぱり据え置きハードでやりたいし、
オンラインでの複数人プレイなどは、ドラクエには合ってないし、
開発コストを考えてもいらないだろ、と思いました。

最後に…セーブが一つしかできないのはちょっと酷すぎる!
posted by garni at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。