2005年09月16日

その時は来た!!の巻

excite - サンスポ [2005年9月16日] 阿部&柴咲が声優に初挑戦…20年ぶり劇場版「北斗の拳」 俳優の阿部寛(41)と女優の柴咲コウ(24)が声優に初挑戦するアニメ映画「北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」(来年3月公開)の製作発表が15日、東京・内幸町の帝国ホテルで行われた。


何度か話題になってたリニューアル劇場版
阿部寛にケンシロウと来れば、
「TRICK」の第3シリーズにて放送された
「絶対死なない老人ホーム」の回で上田教授が
「お前はもう死んでいる…」と言ってたのを、
憶えてる人もいるかも知れない。

北斗ファンの掲示板では、
「今度また実写やるなら阿部ちゃんにケンやって欲しい」
という意見もよく出るため、
そのドラマが放映された日はプチ祭だったのだ。
本人も実際よくマネをしていた、と書かれている。

個人的には幅広く役柄をこなせる彼なら、
きっと期待に応えてくれそうな気がするが、
以前のOVA以来神谷明の声が聞かれなくなったのは寂しい。
他の人の出来が云々というよりも、
「あの声」が…という人は多いと思う。

それにしても、声優陣はだいぶ変わるみたいだ。
柴咲コウはオリジナルキャラだから良いが、
宇梶がラオウって!?これはどうだろう。

まあ従来のアニメを引きずる部分が、
あまり目立つのも良くないのかも知れないけどね…
posted by garni at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北斗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。