2006年12月31日

ROCK FUJIYAMA #39

ROCK FUJIYAMA

二〇〇六年十二月二十五日

レギュラー: マーティ・フリードマン、KENNY GUY(鮎貝健)、
SHELLY、ROLLY、ROCK忍者頼正(久武頼正)

#39ゲスト:高橋ジョージ


高橋サンが歌っているのを眺めていてハタと気づきましたよ。
THE 虎舞竜の前身だったというバンド名、
「トラブル」ってエルヴィスの「Trouble」から取ったんですね。

「文字リフ当て名人戦 スタジオジリフ」
今夜はエルヴィス祭ということで、お題もエルヴィスのみ。

実は大のエルヴィス好きだったという高橋氏だけあって、
さすがというべきか、ご名答の後は口パクでエルヴィスを完コピ。
…ああでも、「I Want You,I Need You, I love You」を聴くと
もはや小泉前総理のうかれた姿しか頭に浮かばない…

そして、エルヴィスといえば必ず話題にあがる生存説も、
ここではマーティによって数々の裏づけ(?)がなされる
それにしても、ウチの親などは「プレスリー」と言うが、
いつから米国風に「エルヴィス」と呼ぶようになったのだろうか?

いずれにしても今回のOAにおける高橋氏の
そのテンションの高いリアクション&トークによって、
「ロード」の歌から受ける暗いイメージは完全に崩れ去りました。
また出て欲しいなあ〜、なんて思います。

ROCK FUJIYAMA BANDの続報も…近日発売のアルバムでは、
なんとSHELLYはGreen Dayの「Basket Case」を、
マーティは「Hound Dog」をそれぞれ歌うとか、歌わないとか?
さらにニンニンも…との話もあるようで、これは凄い。
特にマーティは気になります。一体どんな声で歌うのか!?

次回のゲストは、今や高橋氏の奥様である、三船美佳嬢。
いやはや、これはどうなるのだろうか…では来年!


【関連サイト1】GyaO FUJIYAMA
【関連サイト2】大人のロック!推進計画

【参考】All Music Guide:Elvis Presley
posted by garni at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ROCK FUJIYAMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。