2010年03月26日

macにも使えるUSBオーディオデバイスについて

photo
Creative サウンドカード Sound Blaster X-Fi Surround 5.1 SB-XFI-SR51
クリエイティブ・メディア 2008-05-01

by G-Tools , 2010/03/26


以前使用していたPCでは、ONKYOのSE-U33GXというUSBオーディオデバイスをつないで音楽を聴いていました。
こちらはWindows XP上で使用、デジタル出力端子がないのは惜しまれるものの、
特にトラブル等もなく、なるほどオンボードよりもずっと音の分離が良くなったし、
ステレオの臨場感もぐんと増して、効果には十分満足していました。

そのPCから現在のiMacに買い替えて、以前と同様に使えるかどうか調べてみましたが、
Macに対応してるというような情報はどこにもなく…う〜ん、仕方ない、諦めるか。
でも、とりあえずモノは試しと接続してみたところ…認識はされました。
しかし、問題が起こりました。

ユーティリティのAudio MIDI設定では、確かにデバイス名は表示されているが、
フォーマットをどう設定しても音楽の再生中、断続的にプチッとノイズが混じる。
しかも、設定によっては再生音が完全にノイズに乗っとられてとても使えない。
ちなみに、BootCamp上のVistaで使っても、似たような症状が出る。
まあ、公式サイトを見る限りでは、どちらにも対応してないのだからしょうがない…。
で、違う製品を色々と探してみて、たどり着いたのが上のSB-XFI-SR51。

こちらも基本的にはWindowsでの使用を主としたデバイスみたいではありましたが、
Macでもトラブルなく利用されている方がいるようだったので買ってみました。
値段もONKYOの同様のスペックの製品より安いし、デジタル出力端子も付いてます。

何だかんだでも、つないでもし使えなかったら?と不安はよぎったものの、
それならVistaの方で使えばいいやと割り切り、スピーカーにデジタルで接続、使用。
…トラブルなし。ノイズなし。ひと安心です…。



あくまで自分の環境では問題なかった、というレベルの内容ではありますが、
特にiMacでUSBオーディオデバイスを使いたい方はご参考まで。
余談ですが、BootCamp上でのWindows XP・Vistaでも不具合なく使える事を確認しました。
posted by garni at 01:17 | Comment(6) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

foobar2000 v1.0でのlast.fmの連携

先日、foobar2000の新バージョン1.0をインストールしたところ、
終了時に毎回アプリケーションエラーを吐くようになってしまったので、
導入しているコンポーネントを色々消してはみたものの、どうも改善せず。。

そういえばLast.fmのAudioscrobblerはオフのまま特にチェックしてなかったなと思い、
foobar2000 Wikiの該当項目を見てみると、どうやらv1.0で仕様が変わっていた模様。

PCにインストールされているLast.fmのアプリケーションからは、
foobar2000の最新バージョンに関するプラグインは検出されなかったので、
素直にこちらからfoo_audioscrobbler 1.4.6を手に入れて上書き。

すると、foobar起動時に一緒に起動していたLast.fmは立ち上がらなくなったが、
foobar側のAudioscrobblerの設定画面からアカウント情報を入力して、
Scrobbleを有効にして音楽を再生してみると…バッチリ。
…恥ずかしながらv1.0にしてから機能してなかった事に、この時気づきました。
履歴にちゃんと反映され、冒頭に書いたエラーもとりあえず消えてます。

というわけで、バージョンアップ後に自分と同じような状況になっていて、
まだAudioscrobblerをアップデートしてない方は試してみてくださいませ。

posted by garni at 02:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。