2009年12月09日

twitterの呟きを纏めるブログ始めました。

larks_garの呟きまとめ

というわけで…ココはSeesaaですが、ホリエモンの真似をして、
livedoorの方でTwitter(ツイッター)でブログをもっと楽しもうを参考に、
Twitterにおける自分の呟きを任意に纏めて記事に出来るAPIを使ってみることに。

ただでさえ聴いた音楽を垂れ流したり、気になったページをRTしたりで、
自分の呟きを多少なりとも振り返ることは通常殆どしないだけに、
手軽に一本で固めてブログに残せるのはなかなか便利です。

最近は高橋幸宏さんの呟きを見るのが心のマッサージです。
特に、教授とのやりとりが読めるのは楽しい…結構頻繁に話しているし。
こういうのは長いことメディアを通してしか触れられなかっただけに、
ファンとしてはやっぱり嬉しいし、応援したい気持ちも増してくる。

海外の有名人で個人的にお気に入りなのは、エイミー・アダムスの呟きで、
ほのぼのとした文体が映画で目にする彼女のイメージと重なるところがあって好きです。

現在のTwitterは日本のユーザーもだいぶ増えてきている感じで、
今まさに盛り上がりつつあるこの空気に、以前ブログが登場したばかりの頃の、
あの何が出てくるか分からない面白さを再び体験しているような気分です。

ちなみに、OSがWindowsのPCでやるならTweetDeckがおすすめ。
iPhone/iPod touchなら、TwitBirdが自分には一番使いやすいです。
タグ:twitter
posted by garni at 04:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

Google日本語入力を多少快適にする


ということで、どれくらい使えるのか試しに導入してみました。
ダウンロード及びインストールはこちらのページから。

インストールするにあたっては他のGoogleのアプリケーションと同様に、
『使用統計データや障害レポートをGoogleに自動送信して、
Google 日本語入力の機能向上に役立てる』
のチェックは入れないようにしました。
ちなみにこの項目はインストール後のプロパティ→その他の所にもあるので、
ここでのチェックも外れていることを確かめておきます。

無事インストールを終えると、一旦ログオフするか聞いてくるので、素直にログオフ。
そして…いよいよお待ちかねの使用に際して。
恐るべき語彙力、軽快さ、サジェスチョンの的確さ?に驚嘆しつつも、
やはりユーザー辞書を使えるようにしたかったので、
手元にあったMicrosoft IMEのテキストファイル形式のでインポートしました。

まずスパナマークを押して『辞書登録』を選択。
管理メニューから、『新規辞書にインポート』を選ぶ。
ファイルは登録したいtxtファイルを。辞書名はわかるよう適当に入力して、
フォーマットは『Microsoft IME』に。
エンコードは自分がインポートしたファイルの場合では、Shift JISでした。
で、インポートをクリック…これでズバッと入るはず。

また、全角での入力状態において、テンキーまでも全角になってしまうのが嫌な場合、
プロパティ→入力補助の『半角・全角』の項目から、
文字グループ『数字』を『半角』にしておくことで解決、とのことです。

長いことATOKを使って慣れ親しんでいたこともあって、
カタカナ語入力→F4キーで英単語を出すことが出来ないのは不便ですが、
そんな時はCtrl+Shiftで入力システムを切り替えることが出来ます。

それにしても、ベータ版でまさかのこの威力、、
特に人名・地名・俗語などは、こんなのまで出てくるのかと思わず笑ってしまいました。
しかしこれで無料というのは…使う側からすれば便利なことこの上ないけれど、
同業他社からすれば、やはり脅威以外の何者でもないだろうな、とは思いつつ…。
タグ:google
posted by garni at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。